渋谷「牡蠣入レ時」オイスター 〜 神泉でお店が見つからなかったら、しっぽりとしたお店

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

仕事帰り軽く食事をしようと思っても、なかなか入るところがない時に・・・使えそうなお店。

ふだん、週末の夜にこんな無防備(予約なし)で訪問することはないけれど、こんなこともあり・・・

5軒以上まわって、ふと目に留まった看板をもとに聞いてみると空いているということで、こちらのお店に入る。

◼️食べログ:牡蠣入レ時

金曜の夜、目ぼしいお店はすべて満席か並んでいる状況。

ふと目に留まった「牡蠣」の看板の文字が引っかかり、お店にいってみると、予約していなくても、入れた。

店内

カウンターと、

大きなテーブルひとつ。
それが数名づつに仕切られている。

入って左側には、半個室がふたつある。

MENU

テーブルの仕切りにされているメニュー。

ドリンクメニューと、おすすめの日本酒リスト。

お品牡蠣というのが洒落ている。

本日のおすすめメニュー。

お酒

白川郷のにごり酒(岐阜)。
注)飲んでからのグラスではなく、一升瓶が切れたので、新しい瓶をご用意いただいてる間の画像。

料理

お通しの焼き牡蠣
広島の廿日市からの生でも食べられる新鮮な牡蠣だそうで。

やはり、生牡蠣は頼みたくなる。
福岡の門司と北海道の厚岸と。

その日によって違う、なめろう
当日は、カンパチのなめろう。
お味噌の塩味が利いていていてお酒に合う感じ。

牡蠣フライ

いぶりがっこのタルタルが独特のアクセントになっている。
牡蠣は、広島産の大きめで肉厚。

まとめ

カップルだったり仕事関係だったり色々だと思うけれど、客層が大人な感じで渋谷の喧騒を忘れさせる牡蠣と日本酒がメインのお店。

2人でお酒を1,2杯頼んでお会計は7500円ほど。
PayPayも使えるお店。

◼️関連記事

みなさんも渋谷近辺でお店が見つからなくて、比較的静かなお店で・・・ということであれば、使えるお店かと。
ご参考に。。。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします