時代が変わるということ 〜「令和」になってみて。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

令和の毎日、いかがお過ごしでしょうか?
連日の芸能人の入籍や出産、令和初の一般参賀が5/4に行われるということで賑わう日本の国内。

TVで流れる平成天皇が即位した際の自粛ムードあふれる改元と、今回の差。

この新緑の若葉の季節ということも重なってか、意識せずとも、どことなくワクワクとした動物的な感覚が…。

2000年の幕開けまであと8ヶ月、みなさんもご自身の中でのうごめく変化の兆しを感じている方も多いのではないでしょうか?

Reiwa

私自身も、働く女性たちのキャリアにプライベートに、もっと多くの方の人生が豊かになるサポートをしたいと考えるここ数日。

現実ですが、JR中央線での令和の大きなポスター。

街のいたるところに、このような「令和」を歓迎するシンボルたちが。

駅だったり。

スーパードライだったり。

◼️関連記事

みなさんはどのような感情、感覚でこの令和を迎えた数日をお過ごしでしょうか?

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。