【札幌グルメ】すすきの「鮨処 よしおか」〜 夫婦で切盛りする夜遅くに行けるお寿司屋さん

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

北海道出張、1軒目はバルで食事をして、せっかくなので2軒目はお寿司へ。

2軒目は、ひとりでホテルに帰る道すがら、お寿司屋さんを探す。
22時半を回っていて、すでに暖簾が下げられているか、入ってもお断りされたりしての5軒目。

夜も遅く、「もう入れないかな?」と思っていたら、入れるお寿司屋さんを発見。

店内

カウンターと4人のテーブルのこじんまりとしたお店。

カウンターから見えるネタ。

奥にテーブル席があり、4名の方が楽しくお食事をされていた。

その日の夜のカウンターはひとりっきり。

料理

お通しとビール。

お通しは、タコの頭と煮くらげ。
タコは塩味がついていてそのままいただく、柔らかい食感。

特に、愛想がいい風でない大将が「お好きなものを」といって、
せっかくなので北海道のものを少し握ってもらう。

北海道の地のものをいただきたくて、おすすめを尋ねると「ちっぷ」だと。

聞いたことがなく、ググると、ヒメマスのようだ。

それをいただく。

しっとりとして、美味しい。

続いて、時知らず。
うっかりと、写真は撮り忘れてしまった。。。

北海道というと、ほっき貝

濃厚なウニ

大将、つぶ貝の殻を割っている様子。

つぶ貝
しっかりとした身厚のコリコリのつぶ貝。

最後に、いくらを。

癒しの会話

4人組のお客様がお会計を済まされ、店内の客は私のみに。。。

気づけば、奥さんと大将と1時間ほど、食事を終えてお話をしていた。

話題は、子育てのこと、子ども時代に育った道東の大自然の環境。
昨年行った5人家族での大阪旅行のこと、
GWは、魚が仕入れられないので、お休みは取れたけれど、お子さんの部活の応援に明け暮れたこと。

普段は、アルバイトの方が22時まで大将とともに働かれていて、
忙しいときは、奥さんが22時から2時までヘルプで入られるそうだ。
(お家からすすきののお店まで自転車で10分程度だそうだ)

自然体の夫婦のカウンター内のやりとりに時間を忘れて癒された。
まさか、すすきのの夜、こんな時間を過ごせるとは・・・。

とても印象深いお店だったので、ご夫婦のお姿を記念に。

見えなくなるまで、身を乗り出して、送り出してくださる大将。

まとめ

2軒目ということで、お酒もいっぱいで少し握りをつまませてもらって、5000円ほど。

北海道にきてお寿司を食べたかったのもあるけれど、ご夫婦との会話が楽しくて、とても満足度が高い夜となる。

ホテルに戻ったのは深夜1時前に・・・。
そんな時間に営業しているお店もあまりないかと思うので、夜遅くにお寿司を食べたくなったら、おすすめのお店かと思います。

■関連記事

今でも、思い返すとほっこりとしたひとときを思い出せてくれるお店。
先客のグループも常連だそうで、居心地よくお食事と会話を楽しまれていたようで、ほろ酔いのおじさまたちが満足してお店をあとにしていた。

そんな空間と時間を提供してくれるお店の「鮨処 よしおか」でした。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。