多様な価値観 〜 地方の小さなお寿司屋さんで感じること

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

地方出張の夜の食事。
ひとりでホテルの近くで取ることにし、駅前のお寿司屋さんに入る。

カウンターと、小上がりの小さなお店。

先客は3人グループと、サラリーマンのおひとりの2組。
大将の奥様のふたりで切り盛りしているお店のよう。

お客さんの食事はひと段落ついているようで、
入った時、お二人は店内のテレビに釘付け。

軽く

ホテルに戻って少し仕事などもあり、簡単に食事をいただこうと、お刺身とセットを頼む。

地元で獲れたものをお刺身で。

おすすめのセットは意外にボリュームがあり、分厚いカツオのお刺身に、お寿司6貫と竜田揚げなど。

お料理の支度を終えると、再び大将はカウンターの中から、
奥さんはカウンターの椅子に腰掛けて、連続ドラマのテレビに集中する。

のどかな光景

東京の街中ではなかなかない、サービスのスタイル。

「サービスがなってない」とか、そういうことを言うつもりは、もちろんなく・・・。

必要な料理を提供して、あとは、のんびりとご自身たちの時間を過ごす。
そのサービスのスタイルを受け入れる人がお店にリピートする。

という構図。

サービスは、こうあらねばならないとか、
逆に、客の立場で上からいうこと、それもないと思う。

価値観

これからは、いろんな価値観の中で、自分にマッチするものに時間を割いていく時代なんだと、地方でほっこり感じる夜。

そのためには、「何が心地いいか」、まずは自分軸の感覚を見つめるのがいいのかなと。

■関連記事

東京の忙しさから離れ、少し出張したりすると、のんびりとした夜を過ごせて、いいものですね。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。