【慶州ランチ】世界遺産「仏国寺」 観光前のお昼休憩

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

朝、釜山からバスに乗って慶州へ。
さらにローカルバスを乗り継いで、世界遺産の仏国寺に到着したのはお昼過ぎ。

真夏の慶州。気温は東京よりも低いはずなのに、暑さの体感がそれ以上に。

仏国寺

仏国寺の最寄りのバス停には到着したけれど、
お寺まではまだ少し距離があるようで、力尽きて、
まずは腹ごしらえ(エネルギーチャージ)をすることに。

お寺の反対側はお土産屋やレストランが。

ランチ

何軒かお店が並んでいる。

その中の一軒に入る。

お店の中の雰囲気。
テーブル二つに奥のお座敷の小さな店内。

おばさんおふたりで切り盛りされている。

韓国のグループの方で奥のお座敷は満席。
焼き魚やいろんなお皿が所狭しと並んでいる。

味がついたお茶。
暑いので、冷たいお茶がありがたい。

豪華なランチ。
これで、8000ウォン。

韓国の食堂は、観光地でもこのように小皿がたくさん出てきて、楽しめるのがうれしい。

つかの間のお昼の休憩。
まだまだ暑いけれど、てくてくと仏国寺へ。

■関連記事

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。