【仙酔島】人生感が変わる宿 ここから 〜 朝食は「お餅つき」とお雑煮。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

噂に聞いていた「人生感が変わる宿 ここから」の朝食。
出発を祝い、お餅つきをするという。

早朝の日の出を拝んだり、五色岩などを散策をした記事はこちらに。

朝食

朝食の案内板。
8時からお餅つきが始まると案内されていて、
その時間に合わせて、1Fの朝食会場へ。

入り口で、トレー、お皿、お箸とお魚をとって、
決められた個室へ。

きれいなアジの開き。

料理

料理は、自分で取るスタイル。

日本47都道府県の各地域のお雑煮を毎日1地域を。
この日は、福岡のもの。

鯛のあら煮。
脂がたっぷりと乗っている。

その他、ポテトサラダやきんぴらなど。

お餅つき

朝食会場の中心の一等地に、
お餅つきの準備がされている。

そして、蒸したもち米が運ばれてくる。

宿泊客で順番にお餅をつく。

女性が中心だったので、
なかなか大変。。。

途中、男性のヘルプをお願いして、
無事に粗めだけれど、お餅が出来上がり、

手袋をつけて、
お餅を丸める。

そのあとにお雑煮を・・・。

朝ごはん

個室での朝ごはん。

アジの一夜干しは、

焼き魚に。

お餅つきは、お正月くらいしか経験がないけれど、
「出発」ということで、毎朝されている「人生感が変わる宿 ここから」はすごい宿だなー、と。

そして、Check-out前に、再び「江戸風呂」へ・・・。

■関連記事

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。