【仙酔島】2019年 広島「仙酔島旅行」のまとめ記事 〜 パワースポットの濃厚な週末の旅。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

数年前から訪問したかった広島の仙酔島。
仙酔島は、期待通りというか、それ以上というか・・・。

今回の1泊2日の滞在をまとめての記事。

大阪を飛び越えての広島は生涯で訪れたのも学生時代に一度のみで、遠いイメージがあった。

けれど、東京から福山まで3時間半のと思っていたほどに遠くなく、バスや船のアクセスから、島にふたつしかないホテルなどのご参考になれば。

アクセス

新幹線 福山駅から、バスと船を乗り継いで、仙酔島へのアクセス。

ホテル

「人生感が変わる宿 ここから」という名前も運営もユニークなホテル。

お風呂/デトックス

仙酔島のハイライトはなんといってもお風呂でのデトックス!

夏であれば「砂浴」も。

食事料理

仙酔島は瀬戸内に位置しており、やはり海の幸は絶品。

いい意味で観光地化していないので、ゆったりとした雰囲気でお料理をいただけるのも魅力のひとつ。

鞆の浦

今回、時間がなく、鞆の浦の散策はかないませんでしたが、ジブリの「崖の上のポニョ」や映画だったりのロケ地だったり、坂本龍馬など幕末のエピソードがあるところ。

時間にゆとりを作れる方は、鞆の浦散策もおすすめです。

福山グルメ

いかがでしたか?

仙酔島は、独特の空気が流れていて、アットホームで・・・。

五色岩等のパワースポットでのエネルギーチャージとデトックスを体験でき、
商業主義的な「おもてなし」でない、島や従業員の皆様の手作りの「おもてなし」にも触れて、すごくいい滞在になりました。

身体のメンテナンス(デトックス)・リラックスのためにも、年に数度訪れたくなる島でした。

みなさんも、もし惹かれる部分があれば、ぜひ、時間を見つけて、仙酔島 訪れてみてください。

■関連記事

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。