豐榮稲荷神社(豊栄稲荷神社) 例大祭 10月13日 〜 台風一過の秋晴れの下。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

豐榮稲荷神社の年に一度の例大祭に参列させていただく。

前回は、初午(はつうま)祭に。。。

■例大祭とは?

前日の台風の影響で、予定通り催行されるかがわからず、
前日に電話で問い合わせをしたが、「予定通りです」とあっさりと。

例大祭

例大祭当日は、晴れ晴れとする「台風一過」の晴天。

電車も朝から動いていて、時間少し前に到着。

日射しが強く、緑が綺麗に映えている。

手水舎には、奉納させていただいた柄杓があって、
ちょっとうれしい。

強い日射しが照りつける中、
本当に雲ひとつない青空の下で、

定刻の11時に例大祭が始まる。

玉串を納め、40分ほどでつつがなく、
例大祭は執り行われた。

金王八幡宮

例大祭が終わり、
直会までの間に、金王八幡宮へもお参りをさせていただく。

台風の被害がなかったことに感謝する。

直会

お神酒をいただき、直会が始まる。

秋の季節ものが散りばめられたお弁当。

前回は、お座敷だったけれど、
参加者を配慮してか、今回はテーブル席に。

直会を終え、お札やカレンダーやお土産をいただく。

Bリーグのサンロッカーズの優勝祈願が飾られていた。

御朱印

金王八幡宮には何度もお参りしているけれど、
いつも御朱印帳を忘れてしまい、初めて豐榮稲荷神社と合わせていただく。

昨日までの大荒れの天候が嘘のようなお天気の渋谷。
その翌朝、渋谷の街を収めていただいている金王八幡宮をお参りさせていただいて、色々考える。

被災されたみなさまが一日でも早く、
普段の生活を取り戻せるように祈りながら。

■関連記事

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。