令和 即位パレード「祝賀御列の儀」〜 赤坂見附で・・・。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

遅くなりましたが、2019年11月10日の祝賀パレードについての記事を。

令和のパレード

よくよく考えると即位のパレードについて、前回(平成)は東京におらず、次回の御代が変わる際に見れるかどうかの保証もなく、せっかくなので観に行こうかと。

どの駅付近から見ようかと迷ったけれど、赤坂見附から青山一丁目の間であれば、そんなに人はいないかと勝手に想像して赤坂見附駅で降りる。

すると、通路の方向が規制されていて、定められたルートからしか246沿いに出れない。

1時間以上前。指定された導線を歩く。

まだ、駅付近は人がまばらだった。

途中、国旗を配ってくださっているボランティア(?)の方がいらっしゃり、日の丸をいただく。

裏道をいく

赤坂見附駅付近はすでに、セキュリティチェックが締め切られていて、青山一丁目方面へ、

流れに任せて、前進する。

このあたりで、人がつかえ始め、前に進まない。

1時間以上前に到着すれば遠目には観れるかと思っていたけれど、

途中からまったく動かなくなる。

3時前になり、諦めて列を離れる人もパラパラと。

そして、並んでいても国道まで出る保証がないことを
警察官がアナウンスでしる。

そして、なぜだか一気に動く。

それは、セキュリティが打ち切られたから。

目の前の坂の上の道路が近いのに、近づけないもどかしさ。

パレードが始まる

パレードがスタートする15時になる。


※ YouTubeの放映の画面をお借りしました。

沿道で見れないのが確定しているけれど、
後戻りできない、このような状態↓

この状態でパレードが終わると、
沿道のひとも混じって、とんでもないことになるのだろうと、
何とか何とか、かき分けて列を出て、赤坂見附方面に戻る。

駅方面に戻りながら、YouTubeで、
パレードの様子を見る。

すると、

駅付近で、パレードの車がどんどん通り過ぎるのが、
遠目で確認できた!

車の外観しかわからないけれど、
Youtubeの実況と合わせて、
その場にいる臨場感を味わう。

天皇陛下のお車は青山一丁目の交差点を過ぎ。

パレードも終焉に差し掛かる。

赤坂御所へお戻りになる何十年に一度の束ぬ間のひととき。

みなさんは、どのように即位のパレードをご覧になりましたか?

沿道で天皇陛下の即位をお祝いすることは叶わなかったですが、
日本国民が「令和」という時代に期待を込めて、
そして、即位を国民のひとりとしてお祝いしたいと思う共通の願いを、
その場で感じられたことは、かけがえのない経験になったと思えます。

沿道でご覧になられた方、
私のように見れなかった方、
テレビで見られた方。

それぞれに記憶に残る一コマだったのではないでしょうか。

■関連記事

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。