【恵比寿】「エビスビール記念館」〜 恵比寿ガーデンプレイスの気軽に訪れられるスポット

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

恵比寿ガーデンプレイスにあるエビスビール記念館。

徒歩圏に住んでいた頃はちょこちょこ訪問していたエビスビール記念館。
恵比寿に行く用があったついでに久々に立ち寄ってみる。

入場は無料で、
休館は月曜日、営業時間は11時-19時。

入った左手にはCMが流れている。

数年前にはなかった有料ツアーの案内が。

自由に取れる、パンフレット類。

エビスビール記念館

フロアマップ。
以前に比べてシンプルな作りに変更されている。

右手は、エビスビールの缶でできたオブジェ。

階段を降りて行く。

左手には、ツアーの団体がちょうどスタートする様子で、
ツアーラウンジで説明されていた。

反対側は、オリジナルグッズやレストラン。

エビスギャラリー

まずは、左手のギャラリーの入り口。

エビスビールの歴史が説明されている。

ビールの歴史と、当時の「ドイツビールへのこだわり」が記されている。

ビールの値段は当時「かけそば 10杯分」と高額だったようです。

当時のかわいらしい彫刻の看板。

そしてレトロな「戎ビール」の額縁。

大正、昭和の変遷。

夏目漱石など文豪とビールの紹介も。

出口に近づき、現代の展示に。

現在販売されているプレミアムビールなどの展示で終了。

以前よりも、簡単な展示に変更されて、
さっと見るだけであれば、5-10分ほどの所要時間。

Goods

展示コーナーの見学を終えて、グッズが販売されてところへ。

おつまみも販売されている。

テイスティングサロン

そして、実際にビールを試飲できるテイスティングサロン。

毎月変わる「ビアカクテル」もあり、
いろんな種類のエビスビールが楽しめるのはうれしい。

簡単なおつまみや料理も。

まず、メニューでコイン(400円/枚)の確認をして、

自動販売機でコインを購入。

コインを購入したらレジに並び、

コインでの支払い。

ビールを受け取る列。

このようにレジでコースターをいただき、
ビールの種類がわかるように。

順番になると注いでくださる。

定番3種類の飲み比べセット(800円)を頼まれている方。

フリーのスペースがあるけれど、
いっぱいだったので、この時はステンディングで。

お席は事前に確保された方がよさそうです。

クリーミーで華やかな味わいのフレンチピルス(400円)

ツアー

海外からのツアー客が和やかな雰囲気で、
説明や試飲を楽しまれていた。

海外からの知人を連れてくるにもいいかも知れないですね。

アクセス

恵比寿駅から恵比寿スカイウォーク終点から、
3分のところにある「エビスビール記念館」

無料で入館できるので、恵比寿に立ち寄られた際などにおすすめです。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。