【バンコク】成田↔︎バンコク LCC 〜 SCOOT(スクート)の意外と快適な旅②

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

バンコクまでのLCCの旅。チケットの購入から搭乗までの記事はこちらに。

つづいて、機内の様子を。

SCOOT

機内

LCCなので、狭さは覚悟していたけれど、
意外に大手とそこまで変わらない印象。

こんな間隔で、
思ったより狭くない。

座った眺めは、
こんな感じ。

MENU

機内のサービスは、エコノミーの場合は、
すべて有料になるので、メニューを確認。

金額は、シンガポールドルで記載されている。
(※ 2019年11月現在)

まずは、メインメニュー。

温かいメインの料理。

トルティーヤやパイなど。

バケットや普通のサンドイッチ。

カップヌードル。
(畿内の見渡すかぎり、こちらが一番人気だったような?)

スナックやアイスクリームのデザート。

ナッツや煮卵などの軽食。

ココウォーターからコーラなどのソフトドリンク。

ビールにウィスキー、ワインのアルコールの取り揃え。

セットメニューもある。

メニューの取り揃えは、思いの外、豊富なバリエーション。

機内

朝のフライトだったけれど、
思いの外、暗い機内。

成田で2時間前にCheck-inとなると、
結構な早起きなので、多くの乗客のみなさんが機内でお休みになっていた。

バンコク着

7時間超のフライトを経て、
バンコクに到着。

ドムアン空港はLCCメインのため、
見慣れないデザインの機体が多い。

到着ゲート。

到着後も、タラップではなく、
搭乗口に直結できた。

空港に到着。

そして、イミグレーションに進む。

入国審査。

外国人のレーンに並んでいると、
すいているASEANレーンで入国させてもらう。

預け荷物のターン。

両替のカウンターも複数ある。

税関を通り、バンコクの外に。

空港に無事に到着。
知人がPickーupしてくれる。

BKK→NRT

帰りのフライトは深夜便。

2時間半前にドムアン空港に到着。
長い列を並び、特に問題なく、Check-in。

セキュリティー、出国を過ぎて、
搭乗口へ。

そして、畿内へ・・・

乗り込む。

+αのチャージがある、
前列の席。

確かに、足元も余裕がある。

深夜便ということで、真ん中の席で眠れないことを避けたく、
+1000円を予約時に支払い窓側を指定しておく。
(行きは指定しなかったです。)

みなさん、爆睡されていたので、
若干大手の航空会社より狭いですし、
お手洗いにはいけなかったですが、睡眠はほぼほぼ取れたかと!?

6時間弱のフライト、1000円であれば、
窓側や通路側を指定するのもいいかな?と。

日本へ。

夜行便のフライト。
太陽のエネルギーを感じる。

そして、つかぬ間の常夏を感じたのが昔のように感じながら、
日本の景色が広がる。

ちなみに、今回の旅が、海外のLCC2回目。
前回の釜山の様子は、こちらの記事から。

もちろん、不都合なことはあるものの、
「この金額で?」でという魅力的な旅ができるのがLCCのいいところ。

バンコクに、また訪れることを早速考えてみる。

■関連記事

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。