【東京駅グルメ】回転寿司 羽田市場 グランスタ東京店 |新鮮なお鮨を東京駅構内で便利に

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

羽田市場の回転寿司ができたと聞いて、いつか訪れたいと思っていたグランスタ東京のお店。

羽田市場といえば、最近、コロナ禍で通販をスタート

グランスタ東京

リニューアルされた東京駅校内のグランスタ東京

B1Fのレイアウト

各飲食店の混雑状況がパネルで混雑状況や待っている組数も分かる便利な情報

羽田市場 回転寿司

お店の前は、並んでいる人はいないけれど、タッチパネルで9組ほどの待合いがいる中で、受付する。

■食べログ

羽田市場 居酒屋

待ち時間の間にある同じ羽田市場の「海鮮居酒屋」の前を通る。

■食べログ

天然まぐろ丼(1380円)、日替り定食など。

店内

しばらくして、羽田市場 回転寿司に案内された店内。

カウンターを中心としたお店の中

カウンター奥の様子はこのように、コロナの感染対策が施されていました。

お店の外から見えるテーブル席も。

案内されたのはカウンターのひと席
ガリは小皿に取り分けられて、運ばれてきました。
(通常の自由に取れる回転寿司のタイプではないです)

MENU

お店の前にあるメニュー。

季節の「北海道フェア」

店内のパネルの「本日のおすすめ」

おすすめの3貫盛り

「北海道フェア」は完売が連なっています。

そして鮪(マグロ)
大トロは、950円。

貝の握り。
アワビに、定番のホタテに。

光物のメニュー。
いわし、アジも240円と本格的な価格設定

DRINK

寿司

光物三貫(300円)

おすすめ三貫(480円)

にしん(240円)
回転寿司の中でも珍しいにしんを。

白身三貫(480円)

まぐろはとり忘れてしまい・・・。
この日は、簡単に。

まとめ

羽田市場の回転寿司とあり、気になってこのために東京駅に出向き、訪問。

確かに羽田市場の新鮮な魚のお寿司が堪能できるスポット、しかも、東京駅の中で楽しめる便利さ。

一方で、ネタや赤シャリなどのこだわりは感じるものの、他の都市の回転寿司のクオリティの高さも知ると、コスパではやや見劣りする部分はあるのも事実。

東京駅で、時間が少しあるときなど、立ち寄るにはいいと思いますので、もし、新幹線などの待ち時間があればサクッといかがでしょうか?

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。