Withコロナ|部下の親族のご不幸|Beforeからの変化

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

管理職になると、部下の親族に関わるご不幸に接することも多い。
特に、今の部署は60歳前後の部下が多いので、ご両親も高齢である。

課長になると、いつ何時、ご不幸が起こるかわからないもの。

昨年の教訓としては、喪服の準備だった。

Withコロナのお別れ

ある日突然、部下のお父様が深夜に病院に運ばれ、その日は有休を取りたいと連絡が入る。

それから数時間もたたない中で、お亡くなりになったとの一報。

闘病生活も長いと聞いていたので、本人は数年前から覚悟はしていたと1on1などでは聞いていた。
それでも、やはり、いろいろ感情も、告別式等の対応もあるかと思う。

コロナ禍なので、通常の告別式は行われないかも知れないけれど、通夜や告別式への参列も日程や準備が必要かと尋ねてみる。

すると、「通夜は行いません。告別式も家族を限定して」との連絡が入る。

改めて、コロナの状況を思う。

出社や外出ができないこと、日常生活が過ごせないこともある。
命を送ることもできないのが一般的になっているのだと、再度気づかされる。

本人の視点ももちろんあり、
上司という立場からも感じるお別れについて。

みなさん、Withコロナで、表面的になっていないことで、変化を感じることはありますか?

ご冥福をお祈りして。。。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。