4月からの新体制を発表|同時に課の半分のメンバーが異動と若手の新たなチャンスの春

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

先日内示をして、3月に入った今週、4月の人事異動の体制がオープンになる。

そして、うれしいことに、普段から話を聞いたりアドバイスをしている20代の若手たちが新たなポジションへ異動するという報告を聞きた3月の春。

課の体制

先日の記事で本人たちの内示の記事

正社員の部下8名のうち、4名が同時に4月に異動するということで、想像していたとおり、課では驚きが起こったけれど、それぞれのメンバーが異動を希望していたこと、そして、上司として、できる限り希望を叶えたかったことを伝える。

引き継ぎなど、残されたメンバーの負担もあることを理解していること、だけれども、一緒に頑張ってもらいたいことを伝える。

私が課長を務めるまで、10年ほど膠着していた人事のローテーション。

いつまで自分が課長として、それぞれの会社の部分で人生を豊かにできるか?を考えており、そして、組織の強化、活性化との両立、最大公約数を目指している毎日。

若手のチャレンジ

そして、自分のライフワークとして、自社の若手の定期的に若手のメンター的な立場でアドバイスをしている。

その若手たちから、4月から新たな部門に異動することが決まったと連絡が入る。

商品企画部門へ異動できたのは間違いなくエミリアさんがあの飲み会に誘ってくださったからです、、、
日頃の子羊のケアだけではなく、色々な方とつないでいただき本当にありがとうございます。

いつか自分もエミリアさんのような存在になれたらいいなと思います。

本当にこんな形で仕事に繋がるとは思っていなかったので驚いています。
そもそもエミリアさんとインターンきっかけに出会えていなかったら
こういう人事にもなっていなかったと思いますし。。。

運と縁とタイミングだなと思いました。

今までと全く違う領域となり不安と期待が入り混じっておりますが、
一日も早く業務に慣れて戦力になれるよう努力していきます。

仕事相談会になってしまったあのインターン会議から、
エミリアさんにはたくさんお世話になり、どれほど勉強になったかわかりません。
いつも心から感謝しております。

商品企画と海外営業と、今までの国内営業の限られたフィールドから、また違うフィールドで経験を積めること、チャレンジをしていけること、見守ってきた存在としては、うれしい。

新しい春

街にはコロナでも袴姿の学生がいて、新たに社会人になるひと。
社会人も体制変更や定期的な異動は4月がメインかと思いますので、それぞれ変化が起きる春。

私は異動はなかったけれど、新体制で、がらッと自部門を変えたので、残ったメンバーのモチベーションを保ち、高めていくために、また、会社の将来に対しての大きな投資が絡むプロジェクトも本格始動していくので、気持ちも新たに4月を迎えていきたいと思います。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。