【日暮里グルメ】手打ち麺 中華料理『馬賊 日暮里店』|手打ちのボリューミーな餃子

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

初めて日暮里の駅を利用し、せっかくなので・・・と探したのがこちらの「馬賊」というお店。

手打ちの麺で有名なお店ということで、駅から数分の立地といいアクセスもいいので、日暮里に立ち寄る際は、候補にしていただきたい中華料理のお店です。

馬賊 日暮里店

■食べログ

店内

こじんまりとした店内。

お一人のお客さんも多く、入りやすいと思います。

MENU

メニューは特になく、壁に大きく記されている。
麺類が主張しているのが、麺が売りのお店であることがわかる。

正面にあるサイン。
マツコデラックスのサインがあるのはなかなかないですね。

カウンターの中で、所狭しと手打ち麺が打たれているのが見えます。

料理

ほとんどの方がオーダーしている餃子。
手打餃子(500円)

想像していた以上に、ずっしりとしたボリュームの餃子の皮。
一個食べるだけでも、胃の一定のスペースを取りますので、一皿では相当の満足度です。

ラーメン(750円)
担々麺、みそラーメンなどが定番のようですが、まずはオーソドックスなラーメンを頼んでみました。

このように手打ち麺ならではの不揃いな感じもいいです。
あと、おそらく自家製のメンマ。

予想に反して、甘くて、これまで味わったことがない味わい。

麻婆豆腐(900円)
こちらも、ボリュームたっぷり!

辛さはさほどない、あっさりとした感じの麻婆豆腐です。

まとめ

餃子、ラーメン、麻婆豆腐と、これだけ満腹になるとは思っていなかった手作りの麺と皮。

初めての方は、是非、オーダーするボリュームを考えられた方がいいと思います。
しかし、お腹がいっぱいになれば、テイクアウトもできるので、まずは、頼んで見るのもいいかも知れません。

帰り際、お店のウィンドウから見える、手打ち麺を打つ様子。

いかがですか?
この風景を見ると、訪れてみたくなりませんか?

日暮里というと成田空港などの乗り換えなどで訪れることも多いと思います。
千駄木、谷中からも徒歩圏ですし、一度立ち寄って見るといいお店ですので、ご参考までに。。。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。