ブログ開始から3周年|コロナ禍とマネジメントと。国内のみの1年

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

みなさま、3/18というと、3年前にブログをスタートした日です。

早いものでというと、軽いですが、正直この1年は、仕事や新しいアクションも並行して、忙しくアップアップの毎日で、これほど日々更新が重くのしかかった1年はなく、そういう意味で、この日を迎えられたこと、感慨深いです。

これまでのポイント

ブログをスタートしてからの節目の記事たちをご参考に。

最初の一歩

記念すべき、最初の記事。
初々しいですね。

1周年

無事に1年を迎えている前向きなコメント。
この時は、徐々にPVも増えて、努力が報われている感覚。

2周年

丸2年を迎えた昨年、仕事の転機もあり、やる気に満ちた節目。

2020年の出来事

この一年の大きな変化としては、仕事では課長として、奮闘して来たこと。
それは、Withコロナで、緊急事態宣言の下、働き方も、大幅に変わりながら、変化の中で仕事のアウトプットを求められる中間管理職ならではの重圧。

仕事のタネを植えて、植えて、植えて、芽が出るかどうかもわからない。
部下の反発、他部署と言語(意見)が噛み合わない。

七転八倒どころか、七転八十倒くらいしたと思える毎日。

でも、前を向いて、上を向いて、
少しづつ、新たなネットワークの中で、人がついて来てくれるように。

そんな片鱗が見えて来た1年だったと思います。

ブログ

そして、この1年ほど、冒頭にも触れたように、
正直、毎日の更新が大変だったことはないです。

残業も多くて、次々、トラブルや炎上案件が舞い込んで来て、
経営会議案件など機密度が高いと管理職の自らしか対応できなくて・・・と。

PV数

そんな苦労とは反して、
食や旅の記事が多い私のブログ。

なので、コロナで行動が自粛される2020年はPV数が激減。

コロナで社会のつながりが閉ざされている日常だと、検索をされないわけで、ブログのアクセスも大幅に減少するわけで。

書いても、書いても、PV数がこれまでの半分以下に落ち込み、
モチベーションを保つのも厳しさを増した要因の1つ。

そんな中で、PV数でモチベートできるわけでもないけれど、「3年の節目までは日々更新を継続」という自分で決めたルールに沿って、なんとか毎日些細過ぎることでも記事の継続をしてきました。

継続は力?

なぜだか、ブログ更新は、自分と社会の接点のようで、仕事の独り言など、でも振り返ると半年前は、大変だったなー、とかよく乗り切れたなー、とその瞬間だからの気持ちをブログには記録に残っていて、自分の成績表のような?、日記のような?

そんな面持ちで、深く考えすぎず、自分を鼓舞して継続はしてきました。

意外なことも?

あと、意外なことといえば、2019年のエチオピアの旅の記事に載せているYoutube動画がなぜかバズっていること。

何も編集もせず、ブログの記事用に数秒から1分前後の動画だけをただあげているだけだけれど、合計で16万回再生以上、チャネル登録者も、もうすぐ300人に到達する勢い。

世の中、何が起こるかわかりませんね。

次の1年に向けて

記事の更新ペースは鈍化して、これまでの3年間で1500記事程度の公開記事。

PVも伸び悩んでますが、「旅」、「食」の記事がない中、再び上昇傾向に転じているこの春。

海外も行けずに、さみしいですが、また、気持ちも切り替えて、次の1年に向けて、情報発信をしいこうと思いますので、みなさま、引き続き、よろしくお願いいたします!

2020年の最速の桜の開花と同様に今年もいち早くあるの足音が聞こえて来ます。
みなさんの来年度の飛躍、ご活躍をお祈りして、ブログ解説3年の節目に。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。