【池尻大橋ランチ】行列ができるお店『ビストロ 喜楽亭』|ビストロで楽しむカレーライス

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

渋谷から東急 田園都市線で一駅の池尻大橋と三軒茶屋との間にある「ビストロ 喜楽亭」

カレーライスが有名ということで、初訪問。

ビストロ 喜楽亭

国道246沿いにあるお店

■食べログ

週末の12時半、お店は予約できるようで、席は空いているけれど、お店の外で少し待ち、15分ほどしてお店に案内される。
(知りませんでしたが、予約されるといいみたいです。)

店内

店内は、ビストロとあり、テーブル席中心のお店の中。

その日は、カウンター席に案内される。

たっぷりとしたらっきょうとお漬物。
カトラリーが珍しい。

カウンターの前は、キッチンで忙しく調理をしているのも感じながら。

MENU

ビストロ喜楽亭のカレーのこだわり。

ブイヨン取りから毎日10時間以上じっくり煮込み、一晩寝かせて熟成させているようです。

右ページにあるように辛さも選択できる。
お子様用の甘口から普通・辛口・激辛と選べます。

カレーライスは26種類も。

そして、アレンジできるご飯・ルーの大盛り(それぞれ+150円)。
ご飯ではなくナンに変更(+150円)も可能だそうです。

期間限定の牡蠣メニュー。
カキフライカレー(1600円)

右側はサラダセット(200円)やデザート、ドリンクセットなど。
好みのトッピングも100円から。

ビストロだけあり、単品もサラダやピラフ、スパゲッティなどもあり、
ドリンクメニューもラッシーやコーヒー、デザートのアイスクリン。

最後のページはアルコール類のビール、ワイン

カレー

今回頼んだのはポークカツカレー(1350円)

熱々のルーがポットに運ばれてくる。
辛さを「辛口」でお願いする。

ライスにポットから好みでルーをかける。
辛口は、思った以上に辛くて、スパイシー。

ポットの中には、思った以上にボリュームのあるルーが入っていて、カレーを堪能。
そして、大満足で完食。

もう一品はビーフカレー(1100円)

ゴロッとしたビーフが入っています。

ビストロならではのテーブルでゆったりと家族でも訪れる雰囲気の店内

まとめ

カレーもいろんなスタイルがあって、アジアのスパイシーなものの、日本風のものも。
そんな中で、ビストロが提供するしっかりと熟成しながらのカレーライスを味わるのが、特別なお店。

土曜日は、特製ピロシキ(280円)も販売されているそうです。

13時過ぎの退店間際も、お店の外は、バギーの小さなお子さんもつれた家族を含めて、列ができていました。

家族でゆったりと食事ができるのも楽しめますし、テイクアウトでお鍋にカレーのルーをテイクアウトできるようです。

お店でも、テイクアウトでも楽しめる喜楽亭は楽しめるかと思いますので、池尻大橋や三軒茶屋に出かけられる際は立ち寄って見られてはいかがでしょか。

ご参考までに。。。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。