【甲府ランチ】立ち食いそば『丸政 甲府駅北口店』|手軽に美味しくお蕎麦と天ぷらを

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

甲府駅での乗り換え時間、30分というタイトな時間だったので、時間もかからないだろう立ち食い蕎麦屋にする。

甲府駅から1,2分。北口をそのまま進行方向に進む。

北口の歩道橋から降りてすぐ右手に見える。

丸政 甲府北口店

◼️食べログ

お店の前のお品書き。
お蕎麦だけでなく、うどん、黄そばもお願いできるようです。

店内

こじんまりとした店内の様子。
レジが左手、立ち食いのカウンターが中央にあり、右手はテーブル席も。

ゆったりとテーブルで食べられるのはいいですね。

12時になると周辺で働いている方を中心に店内はほぼ満席。

店内にもお品書きがあり、お品書き。
モーニング・ディナーセットとお得なセットがあるようでした。

お水はセルフサービス。
冷蔵庫にセルフサービスのビールと缶チューハイがありました。

オーダー

注文の仕方。
讃岐うどんのお店のようなスタイルです。

いろんな天ぷらの種類。

奥のレジで、汁物は大盛りも無料でお願いできます。

山梨とあり野沢菜天(100円)が珍しい。

豚バラ軟骨天(120円)が珍しい。
山賊揚げという大きな唐揚げも名物のようです。

かぼちゃやナス、まいたけなどの野菜も。

レジでお会計。
キッチンの中はお二人

料理

トッピングで頼んだのは2品。
豚バラ軟骨天(120円)・野沢菜天(100円)

そして、もりそば(400円)でお会計は620円。
大盛りの場合は+100円になります。

豚バラ軟骨天は、沖縄のソーキそばのようなジューシーな脂がたっぷりと乗った期待を裏切らないので、おすすめです。

野沢菜天は揚げて時間が経過しているようで、少し硬めでかけそばに浸した感じの方が美味しいと思います。

まとめ

甲府駅で時間がなくサクッと食事をしたい方にはおすすめしたファーストフードのお店。

地元の方で賑わっているのがわかりますし、立ち食いそばで抵抗がある人もテーブルがあると入りやすいと思います。

30分の甲府駅の乗り換え時間で堪能でき、満足のランチでした。

こちらは、お店の前の桜です。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。