茶論 上級コース『上級茶会』|初めてのニュウマン横浜店での受講|そして終了

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

中川政七商店が手がける新しい茶道「茶論」
初級・中級・上級と各6回のコースの最終回が「上級茶会」

これまでは、日本橋店にずっと通っていましたが、今回初めて横浜店でお稽古を受けてみました。

茶論 ニュウマン横浜

日本橋店より店舗全体がオープンで開放的な印象の内装

体験稽古の案内

濃茶セット(2750円) 抹茶の薄茶を飲めるところはたくさんあっても、駅ビル直結の場所で濃茶を手軽に楽しめるのはいいですね。

お店の脇には茶碗が並べられるていたり、 奥のレッスンの覗けたり、

入りやすい工夫がされているようです。

店内

レジの前にある茶道具などの取扱りのスペースは比較的こじんまりとしています。

設え

令和三年(2021年4月)の設え

茶論 ニュウマン横浜店のユニークなところは、
設えが1箇所に集まっていないところ。

毎月お花をいけるスペースは異なるようですが、
4月はお稽古のスペースに。

椿と何かをいけられるが多くの季節。

4月という季節、野に花が増えていく。

花入は、元々は豆類を入れる信楽焼だという。
形が旅枕を連想させる。

4月新しい門出。旅のお供のイメージだそうだ。

ぐるっと周り、掛け軸はレジの前のスペースに。

江戸後期の公家、近衛忠煕。
「我とても 盛りは同じ 谷桜・・・鼻の低きに見る人もなし」

こちらの歌は長く使えてもらった女官に対する労いの感謝を読んだ歌とのこと。

円山派の中島有章の画

一見派手やかさのない皿

京都 祇園のみやこ踊りのお土産の団子皿だそうだ。

上級茶会

設えの見学を終え、お稽古。

今回は2人の上級茶会
大きな窓から海が見渡せる、日本橋もいいけれど、いつもと違う春の空気も感じる開放的な空間での茶会

茶会は、亭主と客、

それに加えて、客どおしも大切だという。
今回のご縁に感謝。

ノンアルコールのお屠蘇が用意される。

八寸

手前に海のもの、奥に山のもの

この日は、サーモンといぶりがっこのチーズ和え

八寸をお皿に盛り付ける。

茶会というとハードルが高いけれど、このようなオードブル風であれば、
現代でも「もてなし」はできるかも知れない。

千鳥の盃。

懐石での盃のやりとりのひとつの形だそうで、
八寸の後、亭主は燗鍋を持ち出し、正客→亭主→次客→亭主→三客→亭主 の形で、盃を取り交わす。

この交互に行う盃事が千鳥の歩行に似ていてつけられたのか、お酒によってほろ酔いになって・・・という諸説あるそうだ。

茶論では、ノンアルコールが提供され、お屠蘇。
みりんのアルコールを飛ばして、想像していた以上に甘い。

主菓子

続いて、主菓子

春霞

雨が降り始め、田植えを始める時期の穀雨(4/20-5/4頃)
その前は晴明(4/4-4/19頃)。

4月は入学式、入社式。新しい環境。

つばめ。幸せを運ぶ。暖かくなる、水分が蒸気にあがる。霞が軽く。
色合いは、桜もイメージ。

点前

中休め。
亭主が濃茶の準備。

お茶会では鳴り物がなり、五感で楽しむそうです。

濃茶のお点前をいただく。

お道具を拝見する
目で見て、手で触り、亭主に質問をしたり楽しむ時間

干菓子

煎餅 ピンクと淡い緑の「花紅」、押物「蝶々
花と蝶と、それぞれ春らしいお菓子です

最後の薄茶の手前

↑に写っているのは西岡小十を父に持つ西岡良弘の茶碗

初級、中級、上級のコースの最後に点てていただいた薄茶。

中国の景徳鎮の茶碗

コース終了

終了の証をいただく。

2018年8月に銀座での「茶論」の説明会を聞いてから、3年弱。

コロナもあって、少しスローペースでの受講になりましたが、無事に終えることができました。

上級コース終了者限定のお呈茶のご案内も同封されていました。

お茶という入り口に立つことで、その奥行きの深さ、歴史の重みを認識したという経験でした。

茶道と聞くと敷居が高いですが、手軽に茶道を経験できるいい機会をいただける茶論なので、体験だけでも一度してみるといいかも知れませんよ。
オンラインでも参加できますし、店舗ですと3300円で抹茶・お菓子付です。

コロナで生活を変えたい、何かを始めたいという方はいいかと思います。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。