50,60代のベテラン社員は切り捨てていいのか?

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

同じ部内の課長クラスで人材育成議論をしていた際に、違和感を感じた瞬間。

「できないベテラン層は、会社として切り捨てられない退職勧告できない以上、それなりにやってもらうしかない。異動先も無いわけだし」

というたしかに40代後半でも若手と位置付けられる部門の長としての苦労は計り知れないと思う。

その理解はしつつ、「本当にそれでいいんですか?」

と口をついてしまう自分がいた。おっしゃることはごもっともで、還暦近くの方がいきなりデータ処理能力が向上するわけでもないし、バリバリ企画ができる訳がない。

それは重々承知だけど、「それをいったらおしまいじゃない?」と思う。わたしは、昨年ベテランの彼らを鼓舞して、仕事のやりがいを感じてほしいと、一年がかりでてりくんできた。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。