【高野山】世界遺産『慈尊院』|女人高野|子宝安全・乳がん平癒|高野山の玄関口

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

高野山を後にし、世界遺産で女人高野と言われる「慈尊院」を訪れる。

慈尊院


大師の御母公(玉依御前 : たまよりごぜん)が香川県善通寺より、我が子の開いている山を一目見たいとの一念から、ご高齢にも関わらず当院へ参られ、ご本尊弥勒菩薩を篤く尊崇せられた。承知二年二月五日に、御母公が入滅された時に大師は、母公が弥勒菩薩になられた霊夢により廟堂を建立して、自作の弥勒仏と御母君公の霊を安置された。慈尊院とは、弥勒菩薩の別名で、これより表向きに「慈尊院」と呼ばれるようになりました。

大師堂とカリティ母尊

多宝塔

本堂

絵馬

国宝

小説「紀ノ川」有吉佐和子著

御朱印

おっぱいの形の絵馬

地蔵

噴水

稲荷大明神

弘法大師

噴水アップ

慈尊院

本堂拝殿

弘法大師堂

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。