「でるくいを打たせない」〜 部下の前向きな行動力の後押し

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

1月からのチームの新体制で新しく加わったメンバー。
30代前半の脂がのっている男子。

初日の面談

課を異動してしてきての初日に彼とふたりで面談する。

希望通りの商品企画に移動し、特に今は「がんばるだけ」とのコメント。
プライベートでも特に問題ないという。

面談が終わろうとしていたところ、

「ちょっといいですか?」と相談を切り出される。

相談

転職組の彼からの相談は、

「うちの会社って、すごくいい会社だと思うんですけど、
もっともっとよくできると思うんです。」

と、何と前向きなコメントなんだろうと驚くとともに、
自発的に他部門のメンバーと5名程度でワーキングを取り組んでいるとのこと。

それを「業務時間内にできないか?」との相談。

出る杭は打たれる

すごくいい課題認識だし、いいことだと思ったのが正直な印象。

しかし、自分のこれまでの経験を想像するに、

これは「出る杭」系になるのでは?と。。。

マネジメントが業務で認めると、活動が成果が出れば出るほど、
周囲からの反発が出たりすることが想像がつく。

それは、避けたいので、人事の若手活性施策だったり、
会社として古くからあるQCサークルの部門横断版にするなどできないか?
とか。

「One Japan」の自社のメンバーの代表者に取り組みを確認したり、
彼の自発的な取り組みをなんらかの「枠組み」の中でできないものかと自分なりにアプローチして模索する。

◼️関連記事

ひらめき

工場に出張した際に、珍しく宿泊するということで、
「せっかくだから飲もう」と、工場・研究所・購買のマネジメントとコミュニケーションを図る。

若手の自発的なテーマ発表を会社が予算をもって、研究部門や生産部門が発表する場が毎年ある。

軽い気持ちで、「営業は誘ってもらえないですね 笑」というと、

「じゃあ、参加すれば?」と、

「でも、申請期限も過ぎていたり、予算もないですよね?」というと、

購買の責任者の方が、うちの予算の一部渡すよ、と。

「え、いいですか???営業からも出します、出します!」と即答。
(部下の承諾はとっていなかったけれど・・・)

マッチング

彼の自発的な行動を、会社のオフィシャルな場でPRできるいい機会だと思い、
出張から戻って彼に伝えたら、
「いいっすよ」と快諾してくれた。

「仕事が増えた・・・」と思われたらどうしようかと少し不安だったけれど、ほっ。

発表当日

実質ひと月半くらいで発表の成果を報告しないといけず、
仕事ももっている中で、前向きに取り組んでもらえた。

工場や研究所の主要メンバーにも、彼のこれまでの経験も含めたテーマをプレゼンできた。

また、研究所や購買など、同時に発表しているメンバーとの横の繋がりもできたようだった。

商品企画に異動して間もないけれど、
主だったメンバーに顔を売れたことを成果かと思う。

常識からの脱皮

出る杭は打たれる

日本社会の中で、「出る杭は打たれる」というのは、どこの世界でもあること。

私自身、バンバン打たれて、立ち上がるのに苦慮した経験が何度もある。

なので、わたしが関わるチームで、前向きに取り組むメンバーには、
そんなことで精神的にも疲弊してほしくないし、そのモチベーションをスムーズに現実化してほしいと思う。

今回は、ささいなアクションだったけれど、実になったことがうれしかったというエピソード。

◼️関連記事

みなさんの会社、チームではどうですか??

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。