「コウノドリ」風疹エピソード 無料公開 〜 私たちが知らない風疹の恐さ

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

秋の深まりを感じる頃。

ふと、SNSからテレビドラマでも人気の「コウノドリ」の風疹エピソードが無料公開されていると流れてきた。

漠然とした知識はあったが、
今年、「風疹が流行っている」
ことも知らなかった・・・

昨年の10倍以上だそうだ。

「コウノドリ」 のTBSドラマ

テレビドラマでは、
「コウノドリ」を何話か観たことがある。

病気な医療に対しての社会的なメッセージも込められた綾野剛主演のいいドラマだと思う。

しかし、マンガは読んだこともなく、

興味がわき、
今回の機会に公開された「風疹エピソードの3話」を読んでみる。

緊急無料公開

2018/10/11-10/24まで、
限定的に下記URL公開されている。

「コウノドリ」風疹エピソード 緊急無料公開

3話に渡り、
先天性風疹症候群について、
取り上げられている。

先天性風疹症候群

妊娠期間中に風疹にかかることのリスク自体は知っていた。

それが、どのような症状のリスクがあるのかは、
正直、勉強不足で「コウノドリ」を通じて学ぶ。

厚生労働省

ググってみると、
厚生労働省からもわかりやすく
「風疹ワクチン」の大切さを啓蒙する
サイトから発信されていた。

<風疹ワクチン 接種状況チェック>
なぜ大切?風しんワクチン
出典:厚生労働省 HP

「風疹ワクチンが必要な5つの「!」な事実」
ぜひ、このサイトもチェックしていただきたい。

みなさんの年代では、
予防接種を受けてますか?

私自身も中学生の時に女子だけが摂取した記憶があり、
同世代の男性は受けていないように思う。

でも、漫画のエピソードにあるように、
子どもの頃に「かかった気がする」という定かではない記憶や
自己負担で1万円程度もする予防接種をするというのは、

男性が自ら予防接種を受けることのハードルの高さを理解した。

知ること

「まず、知ること」

子どもの命に関わることだし、とても重要なこと。

今回の講談社の判断(緊急無料公開)に拍手をしたい。

まだ読まれていないみなさんも「コウノドリ」ぜひ読んでください。

そして、シェアしてください。

まず、私たちが起こせる「小さく」ても、
「大きな」一歩に繋がるアクションとして・・・。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします