Happy フェス@リッツ・カールトン 〜 叶姉妹の深い言葉とプチプラのあやさんと。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

2/22にリッツ・カールトンで開催された「Happyフェス」のチケットが当たる。
本当は最初から出たかったけれど・・・。

仕事を終えて最後の最後に参加。

Happyフェス

イベントの概要は公式HPから。

プログラム

中園ミホさんだったり、すみれちゃんだったり、
聞きたかったトークショーがたくさん。

平日のイベントなどがあるこういうとき、会社員だと参加のハードルが高く、残念。

プチプラのあや

トークショーの会場に入ると、
プチプラのあやさんがお話をされていた。

◼️プチプラのあや

GU、ユニクロ、しまむら等のプチプラファッションを中心とした高見えコーディネートがSNSで話題のファッションブロガー/YouTuber。

SNS総フォロワー数は100万を超える。

「誰にでも好感を持ってもらいやすい服装」という独自のコーディネート理論で、誰にでも真似しやすいことが特徴。

また、安くても素材や機能に着目した商品レビューを得意とする。

しまむらから発売されたプロデュース商品は即完売する等、ファンからの支持、信頼も厚い。

月収20万の派遣事務員からSNSで起業した経験を活かし、SNSコンサルタントとしても活動するなど活躍の場を広げている。

というプロフォール。

ブログを拝見すると、たしかにいろんなコーデが紹介されていた。

会場からの質問で、

高そうに見えるコーデのポイントを聞かれ、

「黒とゴールドの組み合わせ」
だったり、
今は、「くすみのある色」が流行りだそうだ。

あやさんは、167cmの高身長だけれど、
「平均身長のひと」に参考になるように、
スタッフで撮影したり、工夫をしていると。

会場のみなさんに最後のメッセージ、

他のインフルエンサーと重複するかも・・・と前置きをおいた上で、

SNSは自己満足だけでなく、うまくつかうこと。

月収20万円から6名の社員になったのは、
逆に、うまく使いこなせていない人のなかで、
戦略的にできたからだと。

今、このタイミングで、戦略的にSNSを活用すれば、
すぐに会社にできる。

「SNSは、頑張れば道は拓ける」と、最後の一言で。

叶姉妹トークショー

ライトのチェックなど、

登場前の準備が入念に。

そして、叶姉妹のトークショーは「撮影禁止」だと。

ご本人たちの代わりに、パネルのお写真をお借りして。

叶姉妹を生でお話を聞くのは初めてだったけれど、
あの独特の間は、テレビでは伝わらないかと感じた。

会場からの質問に、
答えたり、、
交わしたり、、。

たとえば、ハグを普及させているという方が、
「日本人はハグが下手」だということを前提にした問いかけをされると、
ハグはハートの問題だという答え。

断捨離についてや、「ジョジョ」についてや。
これまでの印象を覆すもの。

堀江貴文さんの対外評価だったり、
自分の軸で、しっかり感じることが重要だと感じた短いトークの時間。

休憩の合間、
著者の皆さんの本が販売されているなか。

叶美香さんの本も。

パーティー

パーティーまでは時間があり、
会場の外で待つ。

さらに、会場に案内されても、乾杯までは時間があり、

その合間をぬい、
開始前にお料理を撮影。

リッツだけあって、ひとつひとつ手が込んでいる。

シュリンプ。

なかなか見ない厚みのあるサーモン。

デザートは、
なぜかフライングの人たちが多く。

なかなか乾杯にならない。。。

会場の景色。

久保裕丈さんのCLASの案内。

海城高校から東京大学、同大学院を経て、外資系コンサルティング企業のA.T.カーニーへ入社。

その後、起業の道に進みファッション通販サイト『ミューズコー(MUSE & Co.)』を立ち上げ。
2015年には同社を17億円超でmixiに売却。

Amazonが配信する恋愛リアリティー番組『バチェラージャパン』の初代バチェラー。

現在は月々500円から使える家具シェアリングサービスを提供するCLAS(クラス)の代表取締役。

そして、乾杯と。

スピリチャルな人たちが集う習慣。

普段、ロジカルな世界に生きていると、マジョリティがそのようなみなさんだと、違う景色が見えた数時間。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。