2020年度 下期スタート|「白」でも「赤」でも、それでいい

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

今日は、2020年10月1日。
4月が年度始めの会社が多いと思いますが、そうすると10月が下期のスタートになるわけで。

そうであるとすると、年度の前半が終わり、後半戦の始まりを意味する。

その日

10/1という日は、出向を受けれいる日でもある。

自分のマネジメントをしている部門で、人材を発掘していた作業(中途採用面接)を繰り返して、半年かけたソリューションがこちらのプロセス。

そんな日の朝の景色。

曼珠沙華

彼岸花を見ると、秋を感じる。

トンボも飛んでいそうな。。。
(飛んでいなかったけれど。)

そして、赤の曼珠沙華はいたるところで見れるけれど、ポツンとさく白い曼珠沙華。

咲く意味

それを見ると、人それぞれでいい。
赤でも、白でも。

そこに咲く意味がある。

そんなことを花が語りかけているように思えた。

前日は、入社数年の若手を対象としたリモート勉強会を実施して、心地よい疲労感も爽快感もある10月の初日。

2020年もあと3ヶ月。

2020年12月31日に、みなさんはどう感じているでしょうか?

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。