【スマートEX】新幹線 切符の発券の注意点 〜 意外に見落としがちなポイント。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

今回、初めてJR東海の「スマートEX」のサービス。
ひとりだとICカードで乗車できるけれど、知人の分を事前に発券するために、意外に大変だったことを記事に。

◼️スマートEXとは?

年間費 無料で、新幹線のチケットが割引になるサービスと知り、知人の分も一緒に割引対象になるということで、同時に申し込む。

一緒の駅から乗れないので、事前に発見する。

スマートEX 発券

JRの券売機で普通に発券できるとばかり思っていたら、
渋谷でも、新橋でもできないと・・・。

駅員に聞くと「JR東海なので、東京か品川で発券してください」

驚!
(なんと不便なシステムなのだろう??)

仕事や生活で東京駅と品川駅に行くことがないので、
仕事帰りに寄れる日に東京駅へ。

東京駅

東京駅に行けば、どの券売機でも発券できると思いきや。
「JR全線きっぷうりば」に行かないといけないと。

丸の内側からだと、ぐるーっと八重洲の方に行かなければいけない。

案内に沿って、

やっと「JR全線きっぷうりば」に到着。

しっかりと「スマートEX」の案内板がある。

きっぷ売場の中。

きっぷ受取り

スマートEXマークのついた機械がちゃんとあった。

スマートEXマークの「きっぷ受取」ボタンを押す。

つづいて、予約パスワードを入力。

クレジットカードを挿入。

そして、きっぷとカードが出てくるのを待つ。

苦労はしたけれど、なんとか新幹線の切符を入手して、
その日に知人に渡すことができた。

品川駅

品川駅も新幹線のりば(北口)の横に「JR全線きっぷうりば」がありました。

みなさんも、スマートEXを事前に切符を発券する必要がある場合は、
東京、品川駅の受け取り場所を事前に確認して切符を発券してくださいね。

◼️関連記事

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。