夏休み、頭をもたげていたことが・・・ 〜 意外に、すっきりと。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

お盆休みを明けた初日のアポが、夏休み中も重くのしかかって。。。

この記事の続きを。

ミーティング

管理職のアセスメントの際も、お世話になり、
いつも応援をしてくださっている人事の課長。

期待をしてもらっている分、
そして、人事という役割を考えて、
少し気が重い。

普段の休みは、旅に出て、すっきりとスイッチを切り替えて、
初日からバリバリ・・・というのが、スタイルだけれど。

このときに限っては、お休み明けの初日がどことなく気が重かった。

午後

午後、カフェで待ち合わす。

「コーヒーでも飲むか?」と、頼んでもらって、
コーヒーを飲みながら。。。

「で?」と、本論から。

「もう決めたのか?」と。

「はい」と、ぽそりと。

連休前のメールでも、

「君のことだから熟考した上での結論なのだと思います」

と返信があったので、私の性格も知っていて。。。

「わかった」

と、

「えっ、そんなにあっさり??」と思うほどの反応。

「よく決めたな。お前らしいよ」

すっきり

引き留められる攻防を想定していたので、
肩透かしだったけれど、「わたし」という人生を肯定して、
応援してくださっているのが、うれしかった。

それから1時間ほど、彼の夏休みの出身大学での野球のコーチをしていたお話や、人材育成についてなど、気づけはあっという間に時間が過ぎていた。

「じゃあな、何か役に立てることがあれば言えよ」と、別れる。

結果報告

オフィスのフロアに戻る。

「無事に人事との面談おわりました」

と、上司たちに報告。

「どうだった?」と期待交じりに。

「『わかった』と言ってもらいました。」

「えっ?」と絶句している様子。

人事のプロとしての最終手段を期待していてようで、
お気の毒ではあるけれど。。。

「そっかー」と肩を落としていた。

コーヒーブレイク

人事にも直接伝え、これで、ひと通り「自分の意思」は伝え終わった。
あとは正式な手続きに意向できると、すっきりとした連休明け。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。