アラフォー、「婚活」するとか、しないとか。

こんにちは。EmiLiaです。

みなさんの中で、「婚活」中の方はいらっしゃいますか?

もしくは、婚活疲れで、中断や止めてしまった方もいらっしゃるでしょうか?

婚活

わたしも駐在から戻り、子どもも欲しくて、
自然と、その前に「結婚」という発想があり、
ゆるく婚活をしていました。

今となっては、その頃が懐かしいというか、

今もパートナーについては、いつかできればと思っていますが、どちらでもよくなりました。

その転換は、この記事(「子ナシ」人生)に。

35歳の壁

心理的な年齢のハードルや、条件検索の仕業だと思いますが、

35歳になる前と、その後、

マッチングアプリの「いいね」的なものが激減。

日本人男性の年齢信仰は根強いもの。

それを統計的に体感できたのも、いい勉強。

逆もしかり

そういった男性マインドが作りなせるワザかと思うものの、
20代にちやほやされていた女性が、
少しづつ、忍び寄る年齢の壁にジタバタする、
女(ひと)としての美しくなさ(?)も、そんな男性陣をそうさせている気も。

駐在していたときに、
50代でも、60代でも、恋をしている女性たちをみていると、
日本の恋愛事情は、まだまだ「途上国」

わたしのケース

わたしの場合、世の中の男性のマジョリティが求める「女性的な部分」を持ち合わせておらず、マッチングアプリなどの効率はヒジョーに、悪く。。。

屈辱的にも(笑)、待ち合わせ場所で、
遠くから見て、「好みじゃない」と帰られたことも、

逆に、「どうして結婚してないんですか?」と、性格的に難があるんじゃないかと、
根掘り葉掘り、問い質されることもあり、

世の中、本当にいろんな人がいるなー、と。

肉食 既婚者

ゆるく婚活をしている中で、普通の出会いから積極的にアプローチにしてくるのは、

決まって「既婚者」。

ばっさりと『既婚者には興味ありません』

と伝えても、そこは肉食世代、きちんと礼儀なのか、切り崩そうと努力に励んでくれるもの。

ほだされる気持ちも理解

きっと、

昔、ちやほやされた経験がある人ほど、

このような既婚者からだとしても「わかりやすいアプローチ」に屈してしまうんだろうな?

と客観的に分析する自分。

結論

レモン

婚活は、

しても、

しなくても、

どちらでも「いい」

結婚したいと思う人の、出会うための努力は、必要だし、
その時間を、他のものに、フォーカスするのもいい。

ではないでしょうか?

重要なのは、「自分自身」充実していること。

みなさんの日々がより良い毎日であるように。。。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。