「子ナシ」人生ダメですか? 〜 私なりの結論

こんにちは。EmiLiaです。
春ですね。

みなさんは、女性は子どもを産むのが当然だと思っていますか?
子どもの幼稚園の話などをする友だちとの会話、どことなくざわついたりしませんか?
結婚後、「子供はまだなの?」という、親からの質問に反発しつつも、モヤモヤしていませんか?

過去のわたし

もちろん、様々な価値観があるので、みなさんがそう感じている方ばかりだとは、思いません。

ただ、

過去の私は、どことなく、心の奥底に、そのように引っかかるものを持っていました。

親からの教育が「女性は!」ということを強調されるものが多くの節々にあり、長男の弟とは全く違う扱いで、それが呪縛のようにこんがらがっていました。

父親は、本当に”明治時代からタイムスリップ”してきたのではないか?と思うほど、本当に躾から何から何まで厳格な人でした。

一人前になるには

そんな親からの刷り込みで、いつも心の奥では、子どもを持たない自分を責めていました。

子どもを持って「女性として(=人間として)一人前」なんだと、そう信じていました。

みなさんは、どうですか?

タイムリミットのあせり

なので、仕事でのキャリアは(表面的には)どんどん積み重なり、会社での信頼、評価も増していくのに、満足感がない日々。

妊娠、出産のリミットについて、とても焦っていた自分。

仕事でいくら認められても、自分の幸福感が得られず、「結婚しないと」、

そして「子ども持たないと」と、どんどん、どんどん自分を追い詰めていました。

仕事をしても、しても、

逆に、

「こんなことしてる場合でない」と、自分の貴重な人生の一瞬、一瞬の成果なはずなのにを、それをないこと(ゼロ)にして、責め続けていました。

人生の目的

自分は「子どもを持つこと」、「子育て」が『人生の目的』だと思っていた部分がある

一方、

占いなどでは、『「仕事」が目的』だと言われることが多く、

「そんなはずはない!」

と、そう言われても、強く否定し続けてました。

でも、「ちょっと待てよ」と立ち止まると…。

子どもを持つ人生の手放し

もしかすると、「仕事で輝く」人生もあるのかも?

本当に、子育てしたいのかな?
姪や甥の子育てを間近に見て、わたしに24時間 365日務まるのか??

子どもも「人生の目的」なんて、そんな重く考えられたら迷惑かも?

と思ったら、

あれ?

「子どもがいない人生求めてる?」

そうかも?

じゃあ、”今すぐ”には、誰かと出会う必要もないなー。
結婚もしたくなった時に、すればいいだけなんだー。

一気に、肩に乗っていた重い錘をおろし、解き放たれ、自由になった自分に出会いました。

子ナシの選択

子ども育ててる肝っ玉な女性もかっこいい!

仕事に没頭している女性もかっこいい!

しなやかに両立している女性もかっこいい!

趣味に生きている女性もかっこいい!

ボランティア、社会貢献している女性もかっこいい! etc…

ひまわり

”どんな女性”も、”どんな選択”をしても、かっこよく生きることができる

それがわたしの結論。

私らしい「わたし」

今のわたしは『今しかない』から、
笑顔で、楽しく、今日も、この一瞬も、自分らしく過ごせばいい!

答えは、とてもシンプル

だった!

というわけで、
画面の前の素敵な女性のみなさんも、笑顔の1日を。。。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。