白金 「鈴木屋」モツ焼き〜 澄んだスープのモツ煮、こだわりの串たち

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

白金に住んでいたころ、よく通っていたモツ屋さん。
近辺に外出の用があり、数年ぶりに訪問してみることに。

鈴木屋

あまり飲食店が多くない白金高輪近辺では、かなり有名なお店。

■食べログ

また、以前は月~土曜日の営業だったけれど、

今は、「火・水・金・土」のみに営業日が限定されているのと、

そもそも、開店17時で同時に満席になり、
18時に行けば、すでに「準備中」になっていたりと、
営業時間も2〜3時間限られた、こだわりのいいお店だけど、なかなか行きづらいところ。

店内の様子。

カウンターと奥に4名のテーブルが2つの小さなお店。

MENU

すぐに品切れになる串は、入り口付近の大将の背に。

串のメニューは、テーブルにもあり、
初めての方は、部位もこちらで確認しつつオーダーできる。

冷蔵庫に、その日のサイドメニューも。

ドリンク

メニューは多くないけれど、ひととおり。
常連さんはオリジナルの「鈴木屋カクテル」も人気。

ひと串 150円(つくねのみ170円)と、
良心的な価格設定になっている。

煮込み

通常の煮込みは、”味噌”テイストが主流だけれど、

ここまで澄み切ったスープの「モツ煮込み」は鈴木屋以外で見たことがない。

それでいて、クセがなく、スッキリとしていて、コクがあり、もつがプリプリの食感。

串焼き

ヒモ

まずは、ヒモ(大腸)をタレで。

続いて。

ガツ(胃袋)とレバー。
個人的には、程よい脂ののり加減のガツは、すごく好き。

子袋

以前は生でもいただけた部位の子袋。

ナンコツ

こりこりした食感がアクセントのナンコツ(食道)

その他

ペテン(頭肉)とタン。
(たぶん・・・違っていたら、すみません。)

ハツ

ハツ(心臓)

牛ハツ

牛のハツ。

つくね

お店のオススメのつくね。

普通は、ピーマンに挟んで食べるのだけれど、
お腹がいっぱいになってきたので、串のみでいただく。

鈴木屋の串のすごさを少しでも伝わるように、
脂がピチピチの動画も。

準備中

帰る頃(19時前)には、すでに準備中の札が。

メニューもほとんど売り切れで、その時間に入る方は「おまかせ」のみに。

10本食べても、ひとり3000円程度とお会計も満足度が高いお店。

久々の白金の鈴木屋。

やっぱり「おいしいなー」と思うし、大将の串の焼き方の職人技をカウンターで見れて、訪問してよかったと思う。

みなさんも、白金に行くことがあれば、おすすめのお店です!
(その時は、17時前から並んで1巡目に入店できる日に訪問するのが一番ですよー。)

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします