【御朱印巡り】深川不動堂 門前仲町 東京メトロ 24時間券 〜 モデルルートを巡る旅②

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

東京メトロ 1日乗車券を活かした御朱印巡りのモデルルートをめぐる日帰りの旅。
浅草寺の次は・・・。

モデルルートは、

浅草寺→深川不動堂→金刀比羅宮→東郷神社→花園神社→東京大神宮

このようになっている二ヶ所目。

門前仲町駅

浅草駅から日本橋駅で乗り換えて、門前仲町駅へ。

深川不動堂

駅から出てすぐに、迫力のある門。

突き当たりに、深川不動堂が。

中に入って、左側。

考えたら、不動明王をお参りするのは、生まれて初めてのこと。
神社に慣れていると、この異なる空気感に圧倒される。

「梵字」が連なる本堂の壁がすごい迫力。

願い札

願い札を龍神にお納めするための願いを書くテーブル。

深川龍神がこちら。

「心洗浄清」と書かれた手水舎。

その奥には古札をお納めする場所。

お護摩の受付。

再び、中央に戻り、お線香。

本堂への階段に向かうところにわらじ守。

正面の旧本堂。

真言。
神社は慣れているけれど、不動明王をお参りする真言には初めて触れる。

本堂に入り、お参り。

ここからは、撮影禁止なので、撮影はできず・・・。

1Fだけでなく、2Fにも、四国八十八ヶ所の本尊が祀られていたり、たくさんの仏様に手を合わせる。

お護摩

当日、11:00からのお護摩に参加させていただく。

どんな風に進むのかがわからないけれど、「お護摩」を拝む約30分間。
通い慣れている方々のような皆さんの中で、ひとり空気を読みながら参加。

お護摩の最後には、希望者には持参するカバンを炎に当ててくださる。

御朱印

お護摩を終え、御朱印をいただきに。

その向かいにはお守り授与所。

再び、預けた御朱印を受け取りに。

こちらが深川不動堂の御朱印。

開運出世稲荷

境内、右側の神社。

お護摩の後、お坊さまが神社でも度胸をされている。

神社の奥にも。

短いお詣りだと思っていたけれど、旧本堂の中やお護摩もあり、1時間半ほどお詣りさせていただく。

おそらく、今回のモデルルートに設定されていなければ訪れることもなかっただろう深川不動堂。

参考

深川不動堂の手前の永代寺。

厄除けのお寺。
不動堂をお参りする前に訪れたところも参考までに。

そして、次の御朱印巡りへ。

この力強い波動が流れる深川不動堂。
みなさんが何度も訪れる理由が少しわかった気がしたお詣りでした。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします