ロジカルクッキング 勝間和代さんと。 〜 初めてのホットクック 楽々クッキング

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

勝間和代さんといえば、全てにおいての効率。
そんな勝間さんの講座のお昼ご飯のお手伝いをさせていただく機会に恵まれる。

五反田駅から数分のところに、勝間和代さんが経営されている「クスクス」がある。

◼️クスクス :セミナー&レンタルキッチンスペース

当日の勝間和代さんの講座のお昼ご飯の支度のために、
朝8時に集合して、支度を開始。

まだ、テーブルなどもセッティング前の広いセミナースペース。

ロジカルクッキング

その日のメニューは、かぼちゃのクリームスープと、トマトとパイナップルのサラダ
約40人分のシチューの食材。

かぼちゃのクリームスープ

まずは、スープから。

材料を手分けして・・・。

・かぼちゃ
・鶏肉
・にんじん
・玉ねぎ
・マッシュルーム

それぞれ分量を図って、7つのホットクックの鍋に入れる。

勝間さんからのアドバイスは、大きめにざっくり食材を切るということ。
そうしないとホットクックの中で、溶けてしまうのだそうだ。

材料を全て鍋に入れて、

それを、すべての鍋の重量を計量。

だいたい1930gに揃える。

そして、塩と水を加える。
(塩8.8gと水220g)

塩の量は0.6%。

1930g-900g(鍋の重量)+440g(水+牛乳)×0.6% = 8.8g

サラダ

続いて、サラダ作り。
トマトを8頭分に切り。

パイナップルを切る。

お好みに合わせて、塩とオリーブオイルを。

ホットクック

材料を入れて、ホットクックにセット。
ホットクックのメニューに「クリームシチュー」がある。

自動的に約45分の調理がスタート。
それぞれの鍋で、出来上がり時間が微妙に変化するホットクックの賢さ。

そして、約45分経過後、牛乳を220g計って、

ホットクックに入れる。

そして、3分間調理。

できあがり

ホットクックのできあがりのシチュー。

お昼の時間まで保温。
セミナールームにシチューのいい匂いが充満。

できあがりのランチのプレート。

初めてのロジカルクッキング。
こんなに簡単に!、美味しく!できるなんて、驚きの出来栄え。

勝間和代さん直伝のロジカルクッキングのお手伝いをさせていただけた機会に感謝した週末。
みなさんもホットクックのロジカルクッキングいかがですか?

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします