プロジェクトの大きな区切り

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

汗が止まらない、本日も暑い一日。

酷暑の中、本日は、仕事の区切りの一日でした。

長い道のり

企画がキックオフされてから、

いろんなプロセスを経て、

製品化される。

その中で、

順風満帆にいくことなんて、

“もちろん”

ない。

だからこそ

世の中に出るタイミングというのは、

こういう感慨なんだなーと。

担当の外

すでに、担当から離れているので、

裏方の存在でしかない。

お披露目される、

商品が輝かしくみえるのと、

その商品を担当しているメンバーによる発表の場。

プレイヤーでない、

黒子だけど、

立ち会えたことに、

感謝して。

HOPE

区切り

しかし、

何かの自分の区切りにはなった、

そんな日でした。

みなさんの1日は、どんな1日でしたか?

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。