HERMES 『彼女と。』シネマ体験 〜 最終日に

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

7月も残りあと2日。

様々な方のSNSや、

TVで取り上げられていた・・・

「彼女と。」

新国立美術館で、

7/11(水)-30(月)の期間 開催された

エルメスの体験型の展覧会。

アクターとエキストラ

参加方法は、

アクター(出演者)

エキストラ(観客)

の2パターン。

アクターは、1組に1名のみで、

予約したかったけれど、

ハードルが高く、

最終日に、滑り込みでエキストラで参加。

スクリーン

まずは、

シアターに案内され、

スクリーンの中の

「彼女」

と、わたし達が出会う。

彼女の取り巻く。。。

(本日(7/30)で、

終了したので、

ネタバレも許されるかと。。。)

「友人」、「彼」、「隣人」らとのエピソード。

そして、

それを再現するセット。

ただ、、

ただ、ただ、

目に映るものが、

「うつくしい」

うっとりする目の前の景色。

エルメスの服、バック、小物などなど。

切り取った

「海」

がこんなにうつくしいのか。。

感想

初めはせっかくなので、

アクター、と思っていたけれど、

恥ずかしかっただろうから、

エキストラで、

じっくり会場を見れて、

体感できて、よかった。

アクターさんと「妹」

顔が小さくて、

うっとりする美しさ。

優雅な気持ちになる45分間。

HERMES

やっぱり、

エルメスは、

すごいなー。

必ずしも、ターゲットカスタマーにしぼらず、

このような完璧な世界観を、企画・実現する、

エルメスの「王者の貫禄」をまた思う。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。