武田双雲 癒しのフェア2018 〜 「楽」と?

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

8月最初の週末、「癒しフェア2018」で、

武田双雲氏・旺季志ずか氏・鈴木エドワード氏 3名のお話を聴く機会に恵まれる。

武田双雲

それぞれ波動や氣など、

興味深いお話だったけれど、

中でも、武田双雲さんの考え方が印象に残る。

マインドセット

武田双雲さんは、

ある日、

「楽」

という字を書き、

玄関に貼り、

全ての毎日の行動を

「たのしい」・「らく」というコンセプトで行なっているそうだ。

それは、

歯を磨くときも、

食事をするときも、

ほんとにささいな行動ひとつひとつに対してなのだそうだ。

「楽」

という字は、

「樂」

収穫の際の音楽も表すのだそうだ。

世界各地で、

収穫のお祭りは開催されている。

彼曰く、

裏を返せば、

恵みに「感謝」してきた部族が、

現在にまで生き残って、

存続しているのではないか?

そういう発想はしてこなかったが、面白い。

自分でも

武田双雲さんから、

「ぜひ、みなさんも自宅に帰って、

自分のいち文字を書いてみてみてください」

とオススメされる。

それは、

筆ペンでも、

なんでも、

ハードルを高くしなくていいと。

自分のテーマ

「私の1文字はなんだろう?」

と色々考えてみる。

思い浮かぶものはたくさんあったが、

やはり、これかな?

LOVE
※ 書道の経験がないので、下手な字でお恥ずかしいけれど。。。

「愛」

そういえば、

以前、出版記念で「書本」を購入させていただき、

久々に手にとってみる。

「愛」の一文字はなかったけれど。

武田双雲

書本

皆様にとっての「ひと文字」はなんですか?

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。