「自分は自分」という軸を心がける 〜 感情の手放し

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

仕事で、これまでの規定路線からの変化点。
そして、モヤモヤしてしまう自分。

仕事

仕事をしていると、コンセンサスをとっていたり、
約束されていたということが反故にされることがある。

ひとつであれば、「気持ちを切り替えて」と持っていけるけれど、それがいくつも束になって押し寄せると、自分で自覚するほどのストレスになる。

ストレス

自分でも「溜め込んでるな」と自覚していた中、
鍼のメンテナンスにいくと「これは相当ですね」、と。

意識している以上に、身体は素直に反応していたようだ。
(みなさんも、くれぐれも気をつけて下さいね。。。)

手放す

そんな中、とある方との約束が果たされない、
そして、その説明も特にあるわけでなく、、、とストレスの太い幹になっていたことがあった。

でも、ふと「その人を許そう」と思えた。

特に、何があるわけでもなく、心から沸き上がってきた感情。

翌日

そんな手放した日の翌朝、出社前の信号待ちでそのひとと遭遇する。

そして、少し話をする。
何だか雪解けをした瞬間だった。

なくなった案件だと思い込んでいたけれど、いろいろ背後で検討は続いてたようだ。

自分は自分

人は人、そしてコントロールは効かない。

自分で何かをできるのは「自分」だけなのだから、やはり「自分は自分」と思いながら、前のことを取り組むことが大事だと再認識をした日。

その先に。

「許す」、「(感情を)手放す」と決めた矢先のこと。

手放す

それは、偶然かも知れないし、その結果かも知れない。

でも、あまりにもタイムリーな出来事だったので、やはり関係しているように思えてならないできごとだった。

みなさんは、コロナ騒動や年度末、新年度に向けての準備など、知らず知らずにストレスを溜めていないですか?

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。