ストレスの棚卸し 〜 心の整理をして、ハッピーライフを手に入れる。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

みなさん、自分のストレスについて、向き合う機会はあるでしょうか?

意外に、わかっていそうで、わかっていない「自分」という存在。

わたしも、ここ最近の仕事の変化で溜めていたようです!?

ストレスの棚卸

異動して、1ヶ月が過ぎて、気づかない内に、
ストレスが蓄積しているような?

自分が発したふとした発言から、
「あれ?」と思うことがあり、
ストレス溜まってきてるかも?」と自覚する。

新しい部門で、明確にならない役割の中で、会社に与えるインパクトは大きい。
そんな中で模索しつつ、異動前の部門と違い、機敏に動けるメンバーの体制もいない。

ストレスを感じたら

これ、やっぱりストレスだわ」と、
自ら認識を持つ。

ここで、陥ってはいけないのは、
甘いものだったり、お酒に逃げること、
はたまた夫・彼、家族に当たること。

そんな表面的な対処ではなく、
自分に向き合うこと。

数日前、ストレスを自覚してきたそんなある朝、
早朝に目が覚めたので、自分が抱えるストレスに向き合うため、
30分ほどの瞑想することにする。

そして、気づく、
体型立った私の心の澱(オリ)= ストレスの源

やはり、中身は仕事だった。

引き受けた時点で、異動する部門がストレスフルなのはわかっていたけれど、
いざ、目の前の現実で、いろんなことが(予想通り)うまく進まないと、
「そりゃ、ストレスたまるよな、わたし」と。

向き合い、見つめてみると、
そんな人間らしい自分もかわいく思える。

こじらせる

向き合う作業とは逆に、
旦那さんの性格はわかっているのに、
普段許せることが許せず当たってしまったり、

明るい性格の友人が、苦労知らずで能天気に見えて、
批判モードになったり、

それって、結局のところ、
相手ではなくて、自分自身なんですよね。

このループにはまると、どうなると思います?

そう、人生がどんどんこじてれていくんです。

幸せ思考

でも、聖人君子でもあるまいし、肉体と心を持って生きていると、
現実には、そんなことって、ありませんか?

自分が抱えるストレスの部分を、客観的にとらえることができれば
自分の思考の癖などもわかりますし、少なくとも対処方法がわかり、
「前進する」きっかけにはできます。

ここ数か月カウンセリングをお休みしていましたが、
もし、興味がある方は、コンタクトしてみてくださいね。

みなさんの年末がストレスフリーで幸せな毎日であることを祈って。

◼️合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。