ナンパ。「えっ、大学生?」

こんにちは。EmiLiaです。

みなさんは、街で声をかけられたりしますか?

数日前の夜、渋谷のできごと。

仕事帰りに八百屋で野菜を買って、店先でスマホを確認。
目の前に男性らしき人が通り過ぎたが、画面に目を落としているので、定かでない。

その人が歩みを止めて、戻ってくる。

わたし流 「ナンパの流儀」

その前に、 わたし流の「ナンパの流儀」
年に何回かは街で声をかけられるけれど、数年前の出来事をきっかけにわたしなりの流儀ができた。

数年前、東京メトロに乗り換えるために、歩いていると 前からくる人に、

「忙しいですか?」
と尋ねられるが、どうせキャッチとかであろうと、目も合わせず

「はい」

と通り過ぎようとした。

すると、視界を横切る彼が「とても哀しそうな表情」でわたしを見つめている。

「ごめんなさい、そんなつもりは。。。」と、

釈明したかったけれど、あまりにも早足で駅方面へスタスタ歩いていたので、踵を返すわけにもいかず。

それ以来、わたしは、声をかけられたら、少なくともお話をしてお断りするように、決めた。

もしかすると、軽いだけの人かも知れないけれど、もしかすると、勇気を振り絞って、話しかけている人もいるかも知れないから。

流儀というより、礼儀に近いのかも?

質問ぜめ

話は戻り。 渋谷の街中。

ジャケットにデニムを着た彼は、スマホの画面を見つめるわたしに、

「無視してるでしょ?」
「結婚してるの?」
「彼氏とは長い?」
「どんな人がタイプ?」
etc…と、

矢継ぎ早に質問してくる。

慣れているそぶりに好印象なわけではなく、あしらいがちにしていても、10分程度、懲りずに、関心を持ってもらおうとするところは、尊敬する。

「他の人に行けばいいのに」
「これも何かの縁だから、お茶だけでも?」×数十回

根負けして、 「お茶じゃなくて、一杯だったら」 と10分、20分の約束で行くことに。

トリキ?

「じゃあ、トリキ行く?」
「えっ、トリキって?」

彼は、ビルの上の黄色い看板を指差した。

「鳥貴族ね」
いきなり鳥貴族?と思ったけれど、探すほどでもないし、と同意。

結局、「トリキ」は満席で結局は、同じビルに入っている居酒屋チェーン店に。

お仕事は?

彼は、レモンサワー、
わたしは、ビール。

数品だけおつまみを頼み、彼の一方的な恋愛経験と恋愛観を話してくれる。
(わたしが質問されても、語ろうとしないからだけれど。)

ふと、わたしから

「仕事は何してるの?」
「してないよ」
「そうなの?」
「だって、学生だもん」

「えっ、、、大学生???」 驚愕の事実!!!

恰幅が少しいいのとジャケット着たりしていて、ホテルで打ち合わせをしていたと言っていて、てっきり26,7才だとは思っていた。

お会計

約束の時間を過ぎて、30分ほどして、お酒が飲めない彼に申し訳ないのもあって 「じゃあ、そろそろ」 とお会計。

2910円

彼が払ってくれようとしたけど、流石に学生には・・・ と割り勘に。

意外にあっさりと

「いいの?、じゃあ」

と受け取る彼。

連絡先

「帰ります」と言い張るわたしに、彼は執拗に電話番号を尋ねてくるが、これからもないとすると申し訳ないし、15分ほど改札前で問答をした後、彼はやっと諦めて渋谷の街に消えていった。

夜の渋谷

しかし、20歳とは、、、、驚き。
話の節々で会話が成立しないわけだw
人生何が起こるかわかりませんね。

それでは、みなさんにも春の素敵な(!?)出会いがあることを。。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。