春、新入社員のころを思い返す

こんにちは。EmiLiaです。

みんさん、春のこのシーズン、自身の新入社員のころを思い浮かべませんでしたか?

黒いスーツの初々しい姿

春の街並み、

新入社員の新しいスーツに袖を通すぎこちない姿がいたるところに。

ふと、自分の入社したころを思い出した。

新入社員研修

桜とともに新入社員数百人が一堂に、桜の下で。

同期の女性は、文系で3割ほど。
ちょうど20名いた。

仕事へのスタンス

新入社員合同研修、その夜。
一室に女子が集まった。

みんな口を揃えて

「結婚しても、子どもができてもキャリア積む」

といった。

一方のわたしは、

「組織に向かないし、不器用だから両立できないし、続かないと思う」

と確信を持って言った。

その後の…

でも、入社数年経って、旦那さんの駐在や子育てや、いろんな理由で、辞めていく子。
育休中の評価でマイナス(当時)がついて、ペースが鈍ったり。

気づけば、周りに同じような女子がいなくなっていた。

居心地が悪く感じていた。

「そんなつもりじゃないのに。。。」

会社の思惑通りのレールに乗っているのが、イヤだった。

なつかしく振り返る

そんな思いも、今は、もうどこかにいって、

すっきりと前を向く。自分。

新入社員の頃のフレッシュな感覚が、今、一周回って、胸の中にある。

step

再び、一歩

新しいチームを任され
新しいプロジュエクトを託され、

気持ちも新たな春。

みなさんと一緒に今年度も駆け抜けて行きたいと思います。

みなさんの春が何かの始まりでありますように。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。