【茅場町グルメ】カジュアル・イタリアン「ロットチェント (L’ottocento)」|カジュアルに楽しめるオリジナルの料理

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

めずらしく茅場町近辺に外出する機会があり、気になっていた「ロットチェント (L’ottocento)」へ。
時節柄か、、、イタリアンの雰囲気というよりはコロナ対策が万全するぎるほどの。

ロットチェント

幹線道路沿いにあるお店。

茅場町駅 7番出口から徒歩5分
水天宮駅 6番出口から徒歩5分
人形町駅 A2番出口から徒歩6分

と、どちらの駅からも少しある距離。

■食べログ

あまりレストランが見過ごしそうなお店。

店内

店内はコロナ対策が行き届いており、
まずは検温、アルコール消毒。

そして、仕切りがあるそれぞれのテーブル席。

その日は4名がけのテーブルに案内される。

MENU

メニューはシンプル。
本日のおすすめの料理

そして、定番のアラカルトメニュー

ドリンクはイタリアンということでワインがメイン。
ハウスワインは、グラス、カラフェがあり、カラフェも250cc/500ccがある。

ボトルのワインリストはiPadから確認

壁には、シードルなどのおすすめドリンクがあり、説明を受ける。

結局、この日は、ペアリングでおすすめワインとの組み合わせをお願いする。

こちらが一杯目のスパークリング。

料理

大人のレバーパテ(800円)

鳥レバーのパテ。

続いての赤ワイン

焦がしなすのカポナータ(600円)
しっかりと味付けがついている前菜。

ぶつ切りハラミのロースト(2800円)

しっとりとしたハラミに、りんごがトッピングされていて、甘みとの絶妙のバランス

最後は、パスタ。
カラスミ ピスタチオ(1800円)

カラスミの奥深い味わいと、ピスタチオの食感と味わったことがないパスタ。

まとめ

さすが人気店のクオリティー。
コロナ対策のブースの区切りにより、本来のイタリアンならではの賑やかな雰囲気は味わていないかと思いますが、楽しめるワインと料理。

お会計は一人7000円弱ほど。

また、テイクアウトも取り組まれているようなので、もし、機会があれば・・・。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。