【三越前グルメ】「まんてん鮨 日本橋」コレド室町 〜 コスパが最高のカジュアルなお寿司屋さん

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

丸の内と日本橋にある「まんてん鮨」、予約がなかなか取れない人気店なので、2年ぶりくらいの訪問。

まんてん鮨

雨の夜。
日本橋で夜、予定を終えたので、
「もしかすると・・・」とお店に電話してみる。

21:30であれば、予約ができるということで、当日の訪問。
コレド室町2にある「まんてん鮨」

お店

ガラス張りのお店。

ガラスに面したカウンター。

席の雰囲気。

高い天井と和風の内装。

握っている姿が目の前で見えるカウンター。

L字型のカウンターとテーブル席が入り口の右手にテーブル席が2席のこじんまりとした店内。

料理

6000円のコースのみのシンプルなメニュー。
席について、間も無くお料理がスタート。

しじみの一番出汁から。

新鮮なネタの握りもすぐにスタート。
萩のいさき(山口)

あわび
三陸産の生きてる新鮮なものを入荷しているという。
とても、柔らかい。

みずみずしい、水蛸

本鮪の漬け、ボストン産だそうだ。

めかぶ、ほどよいコリコリとした食感。

ゴーヤの漬物
苦味がいい具合に残っている。

たらこのわさび漬け
ほんのりとしたわさびの風味。

歯ごたえがあるヒラメ(青森)

磯つぶ貝
コリコリとした食感に、あっさりとした味付け。

下田沖の金目鯛 ボイル
ほんわりとした焦げの香りがアクセントに。

あんこ梅の茶碗蒸し

えのきの昆布〆
あっさりとした口直しに、しこしことした食感も楽しめる。

ズワイガニ、かにみそを和えて。

折から見とれる立派なウニ。

たっぷりと並ぶウニの握り。

むらさき雲丹

つづいて、

バフン雲丹

舌の上でとろける本鮪の中トロ(ボストン)

ひと口サイズの胡麻豆腐

白えびの握り。

勝浦のカツオ

ほどよいボリュームのいくら丼(北海道釧路)

さっぱりとしたトマトの南蛮漬け

炙りトロのにんにく醤油。

わさびの漬物

しらす沖漬け

お漬物、大根べったら漬け

柔らかい煮穴子の握り。

かんぴょうの手巻き。

ネギトロ巻き

だし巻き卵。

しじみのお味噌汁

飲み放題コースもあって、
2000円で。

デザートも可愛らしく。

まとめ

いかがですか?
このコースで6000円(税抜)という、クオリティーといいコスパが非常に高く、予約が取れないお店ということは頷けます。
飲み放題込みで、税込8,640円という満足度の高いオススメのお店です。

予約は、↓のサイトからできます。

テンポよく、ちゃきちゃきと次から次にお料理が運ばれるので、
「ゆったりと」楽しみたい方には合わないかも知れないですが、
会社帰りや女子会などにも使えるお店かと思います。

◼️関連記事

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。