【羽田市場】「漁師さん応援プロジェクト」|魚の物流改革を仕掛ける羽田市場の通販

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

以前から銀座にお店があったり漁師さんからの直接の流通網を築いて新鮮で消費者にも価格を抑えて提供くださる「羽田市場」

みんさんのお近くのスーパーでも「羽田市場」のシールが貼ったお魚を鮮魚コーナーで見ることがあるのではないでしょうか?

そしてコロナ禍で需要が減った生産者さんの支援で通販で購入したりしていましたが、羽田市場も同様の取り組みがあることを知る。

昨年の「羽田市場」と「紀土」の平和酒造のイベントに参加した記事はこちらに。

漁師さん応援プロジェクト

羽田市場の漁師さん応援プロジェクトのURLはこちらになります。
知りませんでしたが5/1から立ち上がっていたそうです。

新型コロナウイルスの影響で、漁師・水産加工業者・卸業者・魚屋は存続の危機に立っています。
弊社も大口得意先からの商品キャンセル等、大変な打撃を受けております。
そんな中で、プロが使うグレードの高い商品を、一般のお客様に業者間価格で販売させていただこうと想い、急遽ですがこのサイトを立ち上げました。
皆さま、どうかご支援をよろしくお願い致します!

注文

ネットで注文。
大きなホッケが3尾で780円だったり、鯖の半身が5枚入って995円だったりと驚きの価格。

漁師さんと消費者の我々とWin-Winになればと早速オーダー。

1万円以上になると送料無料になるため、1万円分をお願いする。

到着

数日後に発送され、冷凍で段ボールで到着。

段ボールを開けると納品書が入っていて、

その下には、中身はぎっしりと。

並べると、このように。

右下にあるプラスチックの箱の中はウニ
これで999円!

まとめ

みなさんもコロナで影響を受けた生産者さんのサポートをされたかも知れないですが、羽田市場の「漁師さん応援プロジェクト」も検討されてはいかがでしょうか?
おすすめですので、ご参考までに。。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。