四角大輔「バックパッキング登山入門」② 〜 「生命」、「自然」について考える

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

先日、四角大輔さんの「バックパッキング登山入門」、
「バックパッキング登山紀行」の講演の記事の前半を記し、その後半を。

前回の記事:

冒険記「7days+1」

<2日目>

増水した川、
「無理だろっ」と普通の人は思う水量。

バックパックは、完全防水で浮輪にもなるそうだ。

シャツは、その都度、川を渡った後に、
絞って乾かす。

素材が乾きやすい素材で、
10分もすれば乾くものだと。

前進しても、とにかく進まない。

雨が降ってくる。
その時の冒険の利点は、水の確保がいらなかったこと。

食べ物は、最悪なくてもいいが、
水は、生きるために必需。

予定の半分の速度しか進まない。
川を渡ったり時間を余計に費やす。

<3日目>

この時点であれば、
「エスケープロード」から引き返せる地点。

常識的には、川を渡る際、
「膝上の水量はダメだ」と言われているのに。。。

学んだこと③

昔の場合、おそらく、自分の位置を知ることがとても大事だった。

テクノロジーを味方にする

今は、
GPSを使い、
1秒で位置がわかる。

GPSがいかに優れているかを語られる四角大輔さん。

しかし、「川は位置情報必要ないか?」といえば、

支流に戸惑うことがあるので、
「慎重に、慎重に」位置は確認するのだそうだ。

冒険は、
「気合」と「根性」と「サバイバル能力」のみのように語られるが、

「テクノロジーを使いまくる。味方にする。」

ことが重要なのだと、

実際には、否定するひとが多いのは実態としてある。

そもそも、

旅をする理由。

そこに圧倒的な自由があるから

なのだそうだ。

3日目の夜は進めずに、
野宿。

寝床になるそうなところを探し、
緊急用のセットで、野宿することに。

ふかふかの腐葉土、
原生林の隙間からは、満点の星空。
明日の天気が晴れだと、星空から。

自然のルール

「自然を破壊しなければ、何をしてもいい」

自然のルールはとても明快でシンプル。

下界の人間の住む世界には、
納得できないルールがある。

例えば、一般的には、野宿すると「危険だと」注意されるように。

■余談:サンダル

川歩き専用のシューズ。
開発に携わる。

川は、ブーツが主流だけど、
開発過程で異論もあったけれど、あえて、川では「サンダル」に。

■食料

冒険での、
食料は少な目に。
それは、釣りをして食料にする前提で。

■釣り

水量が少し落ち着いて、
釣り竿を出して。

しかし、

釣れない。

大雨が降って、増水したら、
魚は、天変地異を予測して、
事前に荒食いしたあと、
身の危険を察知して、岩陰などに隠れている。

サイトフィッシングで、魚を見つけてから釣る。

1投目が肝心で、
2投目は可能性が半減してしまうそうだ。

サイトフィッシングでは、
あまりにも釣れずに、作戦を変更し、
岩に隠れているだろうと、予測し・・・。

すると、

なんと、かかる!

戻るにも、戻れない状況。

魚の警戒心のスイッチが入り、
普段と違う動きをする。

結果、

鱗(ウロコ)。
本気で食べてないから、ウロコだけかっすったよう。

また発見し、

1投目、
2投目、
3投目、

それでも、標的の魚は無視。

そして、違和感を感じて逃げる。
(ショックが非常に大きかったようだ)

しかし、

3匹目!

本気モードになる。

1投目はダメで、
2投目で目の前で餌に食いつく。

大きな魚は、賢いそうで、
3000倍の生存競争を勝ち残っているから、
生きる知恵がある。

加えて、
川の流れが、激しいと、
途中で釣り糸がきれてしまうことがあるそうだ。

そして、滝まで追い込まれると、その先は行けず、
100%ダメになるので、
相手が弱るのを待つこと5分。

やっと釣れる。

生後5,6年の大きなサイズ。

学んだこと④

野生の生き物は人間より偉大

命をいただく

毎回の儀式。
命の重みを感じるために、心臓をいただくのだ、と。

(ジップロックに入れた)マスを
バックパックに背負う男

学んだこと⑤

地球に存在するもの全てが命

■ 調理

山小屋での料理。

スパイスにオイルなど、
調理用に。

オリーブオイル、

ホイル焼きの準備

オーブンで、
ほかほかの。。。

冒険の続きは、まだまだあるので、
その先は、また、次の記事で。


■つづき:

アウトドア派ではないけれど、
自然に触れたくなる感覚。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。