高知 活魚「漁ま」(りょうま) 活サバ 〜 高知のオススメなお店、生け簀からの新鮮な魚

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

四国出張、バスで高知へ移動。
車でランチに連れて行ってもらう。

活魚

地元で有名なお店のようで、
連れて来てもらう。

龍馬にかけて、「漁ま」の店名にされているみたいだ。

お魚好きにはたまらない。

お店の外観からもワクワクする。

食べログ:

お店の外にランチメニューも。

生け簀

外からイカの生け簀が見える。

炊きたてご飯

高知産のご飯を炊きたてを提供しているのだと。

入り口の左手すぐに、


確かに、ご飯を炊いている。

生け簀

席に案内される際に見える生け簀。
鯛やアジ。

生け簀を囲むカウンター。

店内が「漁」をイメージできる、
大漁旗や照明などの工夫が凝らされた雰囲気。

鯖やカンパチ。

カンパチは流石に大きい。

オーダーが入ってから、
網でお魚を獲り、

調理場へ。

ランチメニュー

高知といえば、
カツオのたたき。

定食はなく、アラカルトで頼み、個別にご飯とお味噌汁とお願いするメニュー形態。

定食メニュー。

“活”のお刺身やカンパチ、鯛などなど、
目移りするメニュー。

四万十のうなぎも。

店員さんもとてもフレンドリーな接客。

活サバお刺身定食

迷ったあげくに、
なかなか食べられない「生サバ」に惹かれて、
「活サバお刺身定食」に決める。


待ちわびて、
運ばれてきた定食。

新鮮でピカピカのサバ。

炊きたてのキラキラしたご飯。

うっすら奥に見えるのが、「鯛茶漬け」のタイ。

ワカメのお味噌汁。

食べログのスコアが信じられないクオリティーと満足度。
1000円プラスαで、
「活」のお魚が食べられて、 そして満腹に。

高知を訪れた際はオススメのお店です。

市場

満足して、昼食を終え、
隣の市場を覗いてみる。

藁焼きの「藁」が売られている。

ゴミ袋のサイズにいっぱいで、
240円で売られているんだー。

高知の地域性を感じる。

新鮮なうるめ(70円)だったり

サバが店先に。

店内を除くと、
カツオのタタキや

豊富な種類の新鮮なお刺身が揃っている。

高知の魅力を実体感する、
お昼の束ぬ間の瞬間。

高知空港

高知は、半日だけの限られた滞在。

空港の直売所で、
高知が生姜、ミョウガ、ナスなど全国一の出荷量と知る。

高松や高知は、住みやすそうな所だと知る。

帰りのフライト

予定を終えて、
ご当地のゆずのチューハイをいただき、

後ろ髪が引かれつつ東京へ。。。

四国がこんなにいいところだとは・・・

また出張でも旅行でもゆっくり来たいと思う。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします