本場 讃岐うどん 「根っこ」 高松のランチ〜 適度なコシとローカル感と。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

高松への出張。
初日の夜はお寿司を堪能し、

翌日のお昼はうどん。

香川といえば、やっぱり「讃岐うどん」

以前、数年間 高松で働いていた部下くんが連れて行ってくれた。

根っこ

ランチのタイミング、

地元の人で、前の駐車場はいっぱい。

食べログ:

少し離れた駐車場に車を停め、

そこから歩いて、

暖簾をくぐる。

店内

混んでいるかと思いきや、
店内は比較的余裕のある座席。

セルフサービスで回転が早いので、
並ぶことなく。

うどんのメニューは写真でわかりやすい。

1玉と2玉との価格差が、
120円!!
すごいなー。

サイドメニュー

おにぎりやいなり寿司など。

おでんも。
おでんがあるのは高松では常識なんだとか。

天ぷらにフライ。
丸亀製麺と同様に種類が豊富。

アジフライが60円!!!(驚)

お野菜やげそ天も。

うどんのオーダー

うどんをオーダーして、
湯がいている時間、少し待つ。

迷ったけれど、
「肉うどん 2玉」 550円をお願いする。

サイドメニューも食べたかったけれど、
うどん2玉をお願いしたので、
フライなどは自粛。

料金をお支払いして、
ネギや天かすなどのトッピングを。

肉うどん。
冷やしうどんは、コシコシだそうだが、
「温」は、讃岐うどんにしては、
やや柔らかめ。

西の味、
だしがマイルドで美味しい。

大盛り!

ふと目を止めると、
ざるに溢れるうどんが!

3玉くらいのボリュームを食べる人も。
さすが、うどん県。

高松で食べる讃岐うどんは、
庶民のお財布に優しい。

みなさんも高松を訪れた際の参考に。。。
四国ののんびりとした時間の流れとともに。

EmiLia

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

バリキャリ・アラフォー女子。

一部上場企業に勤め、2度の駐在経験の後、いまはメーカーでいわゆる花形と言われる商品企画を担当しています。

昨日より、今日、今日より明日、そんな毎日を過ごしたいと思っています。

詳しいプロフィールはこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします