岡山 倉敷 散策 コロッケ 35円 〜美観地区と商店街

こんにちは。EmiLiaです。

GWも3日目、いかがお過ごしでしょうか?

昨日の記事の続きの岡山 倉敷。

美観地区を目指して

倉敷駅に到着。
岡山駅からたったの16分。

倉敷って、こんなに近かったんだ。

駅から方角がよくわからないけど、美観地区の方向を目指す。

途中の看板で、大通りを経由する行き方と、
商店街を経由していく行き方があることを発見。

商店街

自転車屋

せっかくなので、街の雰囲気を味わうために、商店街を経由して、
てくてく。

そして、

ガイドブックにも載っていたお肉屋さんを発見。

コロッケが、(本当に)なんと35円!!!
隣にある、とんかつも驚くことに180円。。。

観光客向けといった雰囲気ではなく、街に根ざしているお店のようで、とてもいい感じ。

レトロな街の風景

倉敷といえば、美観地区がフォーカスされがちだけど、
このようなアンティークな看板がいたるところにあり、
お店も過去と現代の融合ができている。

畳屋

観光地、観光地しているところが、
国内問わずに、あまり好きではないので、倉敷のこの空気感はとても落ち着く。

みなさんも機会があれば、倉敷に足を伸ばしてみて下さい。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。