知り合いの癌治療を知る 〜 本当に体質だけなのか?、日々の食生活の見直し

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

ある日流れてきた知り合いの乳がんの記事。
無事に手術を終えたことを知る。

同じ年代の知り合いが癌である(あった)ことを知る。

新型コロナのこともあり、年齢を関係なく命のリミットについて考える。

予防?

SNSで知った癌の知らせだけれど、
一方で、SNSで普段の食事や糖質制限の生活も知る機会がある。

自身の知識では、脂や乳製品などの女性でいうと乳がんや子宮筋腫などの要因になりうる食材。

そのような食材を比較的取られていることと、糖質制限をされていたり。

体質やストレスにより必ずしも癌になるわけではないと思いますが、食生活の誘因なのかな?と、ふとよぎる。
(もちろん、勝手な想像です)

マクロビや東洋医学をかじってると体や心の症状から発症する前に気づくようにすることはできるかと思う。

いのち

あなたがそこにいるだけで・・・

あなたは、誰かのそんな存在なはず。
それは、お子さんだったり、ご主人(奥様)、ご両親だったり。

日々、あなたが口にするもので、あなたの身体を作っています。

今、時間があるときだからこそ、身体が発しているメッセージや、もしくは普段は封じ込めているストレスなどと向き合ってみませんか?

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。