誰も教えてくれない「I Love You」の使い方 〜 意外と知らない本当の意味

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

理解してそうで、真の意味を理解していないかもしれない”I Love you”というありきたりなフレーズ。
そのことについての軽い考察と腑に落ちてるほどの説明のYouTubeのご紹介。

I Love You

先日紹介したこちらのYouTubeのHelloLillyさんが、

これ以上にないほどに、わかりやすく家族や恋人などの対象に沿った説明をしてくれている動画を見て、あらためて私も頷いてしまったのが、こちら↓

帰国子女や留学している人だったらわかる感覚かも知れないけれど、駐在していた私でもこの本当の意味合いについて理解できていなかったかも?

というほどの納得の説明でした。

日本人が思う以上にある「I Like you」と「I Love you」の違い。

love you

さすが

駐在していると、勤務時間がローカルで生活している人と違ったり、土日もなかったり、そして、帰任の期限があったりと、なかなかどっぷりと恋愛をする機会もなかったけれど、このようにLillyさんの説明を受けると今後の参考になるかも!?
(駐在時のことは、私の魅力がないことは置いておいて・・・。)

文化の違い

70カ国以上、訪れていても、このような記事のことだったり、ベースになるカルチャーを手探りで感じ取らないといけないことも。

エチオピアに行った時も、JAICAの女性隊員がつれないとこぼしている妙齢のおじさんがいた。

脱線しましたが、「I Love You」という言葉は、アメリカ人や欧米人はそう簡単に使う言葉ではないということ。

日本にいても、欧米人の彼氏からその言葉がなくて不安に思っている人がいるかも知れないので、紹介させていただきました。

続いての記事では、なかなか聞けない「生理」に関する表現についてを書いていますので、もしよかったらのぞいて下さい。

■合わせて読みたい

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。