東北 盛岡出張 プチ贅沢に『グランクラス』アップグレード

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

GW明け、2週目の朝ですね。
気分はいかがですか?

今週は、日曜移動の盛岡出張。
気分を上げるため、『グランクラス』に乗って見ました!

指定席との差額でアップグレード

はやぶさ指定席との”差額”を精算するとグランクラスに乗れることを発見。

盛岡までの場合、指定席との差額”+8,730円”

なんとグランクラスへ!!

※ 東京⇄盛岡(・仙台)の場合

グランクラス(Wikipedia

グランクラスシート

レカロ、川崎重工、日立の3社のロゴが入っているシート。
座席

Menu

メニューが席に置かれている
Menu
見開き
ドリンクのメニュー
ドリンクメニュー

軽食

軽食、

和食と洋食が選べる。

今回は、「和食」をセレクト。

軽食

また、飲み物も。

スパークリングを確認すると青森のシードルということで、まずは、食事と同時にシードルを。

シードル

軽食のお品書き。

お品書き

ランチボックス

お茶菓子+おつまみ

軽食と同時に、お茶菓子とおつまみも配ってくださる。

パウンドケーキ

お食事の際に、加えて、日本酒をお願いする。
青森のお酒(八甲田)。

日本酒

赤ワインも。

赤ワイン

定期的に

アテンダントの方が回ってきてくださり、デザートと同時に白ワインもお願いする。

白ワイン

この雰囲気との”ギャップがすごいなー”と思うのは、
グランクラスでパソコンを開いて、作業しているのはミャンマーの旅行記!?

贅沢な空間と時間

別に、「はやぶさ」の指定席でも全く問題ないけれど、
2時間と少しの出張の移動時間が、贅沢な『空間・空気』へと様変わり。

みなさんも、東北・北陸出張がある場合、
気分を変えて、アップグレードしてみてはいかがでしょうか?

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。