姪の再手術 〜 心臓手術から2週間後に。

こんにちは。EmiLia( エミリア)です。

朝、姉からのLINEで、2月末に生まれた姪の再手術をきかされる。
術後の経過は順調だと聞いていたのに…

突然の連絡

朝、姉から入ったLINE。
生後1ヶ月の姪が昨晩からの発熱と傷口の膿で、再手術だと。

姉も、朝、病院からの突然の電話で知らされたそうだ。
てっきりうまくいって、一般病棟にもうすぐ移れると思っていたのに、不安がよぎる。

手術

仕事で会議の連続で隙間時間もないなか、
再び、夕方に連絡が来る。

「今無事に終わってICU戻りました」と、

「えっ?」

とうまく理解できなかったけど、
朝連絡が来て、その日に手術が決まって、すでに終わったのだそうだ。

手術日を後日設定するのかと思っていたけれど、
そんな迅速な対応が求められることなんだと深刻さを思う。

手術の結果

手術し、胸を開くと感染が広範囲で、
胸を閉じないままで終え。

これから洗浄を何度か繰り返さないといけないと。

再手術を知る前に、先週、勝守りを彼女のために手に入れたけど、
お守りもどうか小さな命を守ってくれますように。

入院している病院のICUは、両親と祖父母しか入れないらしく、
私は、帰省しても会えないし、本当に東京からただ祈るばかり。

◼️関連記事

容態の変化から、当日の判断で対応くださった病院の先生にも感謝を込めて。
彼女に応援を送る週末の夜。

EmiLia

この記事を書いた人

EmiLia

EmiLia

一部上場企業に勤めるアラフォー女性管理職。

2度の駐在経験の後、商品企画を長く担当して、いまは、同じ社内でもカルチャーが全く違う管理部門で日々奮闘中。

「仕事」も「プライベート」も、どちらもあきらめない。

仕事でのアウトプットはしっかり出し、キャリアも積みながら、
プライベートにもフォーカスして、食や旅、学び、美・健康など、毎日ブログを更新。

詳しいプロフィールはこちらから。